ゴリパパ一家と学ぶ 早わかりWTO入門 WTOってよくみかけるけど
[ 一覧に戻る ]
WTOってよくみかけるけど
 WTOという文字や言葉をよく見たり聞いたりしますが、それは世界貿易機関(ワールド・トレード・オーガニゼーション)の頭文字をとったものです。農業を始めとする各分野の貿易ルールを各国に守ってもらうための国際機関で1995年1月1日に設立されました。

 このWTOの場で、新しい貿易ルールを決めるため2000年から農業、金融、サービスなどの貿易問題が話し合われています。

 私たちは、WTO農業交渉の内容等に無関心では済まされません。なぜなら、WTO協議に基づく新しい農業貿易のルールや国内農業政策の変更は私たちの農業経営に大きな影響を与えるからです。

 例えば、WTOの前身であったガット・ウルグアイラウンドの農業交渉の結果、米過剰にもかかわらず、MA(ミニマム・アクセス)米を受け入れざるをえないという理不尽な交渉結果となったのです(1993年12月)。

 その結果、MA米は在庫圧力となり、米価低迷の一因となっています。

 こうしたことを繰り返さないためにも、WTO農業交渉について大きな関心を持つことが必要です。
前のページへ 次のページへ
もくじ
WTOってよくみかけるけど 農産物は農産物である
農業の多面的機能への配慮 食料安全保障について
国境措置の必要性と輸出国と輸入国の権利義務
WTO農業交渉に向けて私たちは訴えます
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.