ゴリパパ一家と学ぶ 早わかりWTO入門 農業の多面的機能への配慮
[ 一覧に戻る ]
水田・畑の大雨時における貯水能力を治水ダムで評価
水を防ぐ
かんがい用水の再利用と水田・畑の地下水かん養量を利水ダムで評価
水資源を守る
耕作で抑止されている推定土壌侵食量を砂防ダムの建設費で評価
土壌流出を防ぐ
耕作で抑止されている土壌破壊の推定発生件数の平均被害額を換算
土砂くずれを防ぐ
空気をきれいにする
水田・畑による大気汚染ガスの推定吸収量を排煙脱硫・脱硝装置で評価
夏の熱をやわらげる
水田による夏季の気温低下能力を冷房電気料金により評価
都市ゴミなどを肥料として還元
有機性廃棄物の農地への還元量を最終処分経費で評価
保険休養やすらぎ
農村地域への旅行者・帰省者の旅行費用により評価
農林水産省農業総合研究所の試算を活用(「耕せニッポン」より)
 農業は、食料生産だけでなく、いろいろな役割を果たしています。農地は水を貯え、下流の都市を洪水から守り、飲み水や工業用水を供給しています。また、植物は酸素をつくりだし、空気をきれいにし、緑豊かな景観は人々の心にやすらぎをもたらします。

 農業生産活動に伴う、農産物以外のいろいろな役割を総称して「多面的機能」と呼んでいます。農業の国土・環境などを守る役割は、年間合計約7兆円にもなるということです(農林水産省の試算)。

 この「多面的機能」は、それぞれの国において持続的に農業を営むことにより発揮されるものであり、貿易で確保することはできません。交渉過程のなかで国際合意を得ていくことが必要になっています。
前のページへ 次のページへ
もくじ
WTOってよくみかけるけど 農産物は農産物である
農業の多面的機能への配慮 食料安全保障について
国境措置の必要性と輸出国と輸入国の権利義務
WTO農業交渉に向けて私たちは訴えます
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.