ゴリパパ一家と学ぶ 早わかりWTO入門 食料安全保障について
[ 一覧に戻る ]
食料安全保障について
 食料は生命と健康の維持に欠かすことができない最も基礎的で重要な物資であり、どんな場合でも食料を安定的に確保することはどの国にとっても国民に対する国の基本的な義務です。

 地球では今、日本の人口の7倍にあたる8億人が飢えに苦しんでいます。人口の急増、水不足や耕地の減少で、今後、世界的な食料不足が心配されています。

 世界の食糧需給は、今後とも不安定な側面が強いことから、各国が輸入に過度に依存することは問題があり、食料供給は、国内生産を増大させることを基本とすべきです。
前のページへ 次のページへ
もくじ
WTOってよくみかけるけど 農産物は農産物である
農業の多面的機能への配慮 食料安全保障について
国境措置の必要性と輸出国と輸入国の権利義務
WTO農業交渉に向けて私たちは訴えます
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.