JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 307号 <発行 2011.3.18>
 

JA-YOUTHメールマガジン 307号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2011.3.18>

※ケータイから掲示板へのアクセスは、以下のURLから!
http://www.ja-youth.jp/cgi-bin/gazou/joyful.cgi

============
[1] 今週の青年部リーダー
高知県農協青壮年連盟 委員長 橋本 拡巳

「頑張ろう東北地方!!頑張ろう日本!!」

 高知県農協青壮年連盟委員長の橋本拡巳です。

 3月11日におきました「東北地方太平洋沖地震」において、被害にあわれた皆さまに心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

 この地震と津波によって、多くの人々や地域が被災され、同じ農業者にも多くの被害、農地の被害もテレビや新聞等でお聞きし、心を痛めています。

 私もこの地震で、自然災害の恐ろしさだけでなく、電気・水道・食事・ガソリン等当たり前にあるものの大切さ、家族や友人、たくさんの人と人つながりなどの大切さを改めて認識しました。

 これからも日々の生活に感謝の思いを持ちながら、過ごしていきたいと思います。

 被災地では、まだまだ寒い日が続いていますし、避難されている方の避難所での生活や、健康面や精神面の影響も心配に思います。

 JA青壮年部の一員として、地方において支援活動や節電等のできること行い、JAグループを柱とし地域復興、農業の再生に力になれればと思います。

これから東北地方を始めとした被災地の一日も早い復興に向け、みんなで力をあわせていきましょう。

 頑張ろう東北地方!!頑張ろう日本!!

--------
[2] 各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】全青協が呼び掛け/全部員で支援を
(2011/03/18 総合2面11版) 

 全国農協青年組織協議会(JA全青協)は、東日本大震災の被災地に食料や水などを支援するよう、各県青協やブロックの青年組織に呼び掛けている。全国ではなく、地域ごとの取り組みにすることで、支援物資の取りまとめ作業などを省略し、被災地への一日でも早い物資到着を目指す。大西雅彦会長は全国の青年部員に向けたメッセージで、「現地に向かう以外にも、できることはたくさんある」と、支援を呼び掛けている。

 ガソリン不足などで輸送手段が限られていることから、食料などの輸送は自治体や民間企業、民間非営利団体(NPO)などと協力することを勧める。「1日でも早く現地へ届けられるように」と、それぞれの地域で対応を求める。JAグループ全体で取り組む募金活動にも協力を呼び掛けている。

【2】JAいわて花巻へ支援物資/JAあいち知多など
(2011/03/17 ワイド1東海)

 【あいち知多】JAあいち知多とグループ会社の(株)げんきの郷は16日、東北地方太平洋沖地震の被災者を支援するため、友好JAのJAいわて花巻に向けて緊急支援物資として「米粉入りラーメン」5000食分、「もち麦茶ペットボトル」3000本を地元運送会社(株)ユートランスの協力を得て贈った。

 JAいわて花巻では営農施設をはじめとする各施設が被災。組合員や職員にも被災者が出ているもようだ。

−・−・−
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください[ http://www.ja-youth.jp/ ]
--------
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・お問い合わせ等は
JA全青協HP[http://www.ja-youth.jp/]の「お問い合わせ」よりメールフォーム
へ必要事項を記入の上送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください)
seinen.s@zenchu-ja.or.jp
============
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ メールニュース事務局

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって