JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 308号 <発行 2011.3.29>
 

JA-YOUTHメールマガジン 308号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2011.3.29>

※ケータイから掲示板へのアクセスは、以下のURLから!
http://www.ja-youth.jp/cgi-bin/gazou/joyful.cgi

============
[1] 今週の青年部リーダー
福岡県農協青年部協議会 委員長 久保田誠二

「想いをひとつにして」

 東北関東大震災において、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 現在、震災への支援対策として、JA福岡県青協独自に支援物資を被災地へ届けることを決定し、とりまとめを行っています。被災地への物資配送は福岡県商工会青年部と連携して行うこととなりました。未曾有の災害に対して全国的にも協力体制が整いつつあるなか、福岡県においても様々な組織と協力し、国民として一致団結して、今私たちができることを継続的に行うことが最大の支援に繋がると考えています。

 日本中の人が想いをひとつにして震災支援に取り組む姿、「誰かのために何かしたい」という他人を思いやる心から生まれる活動は、経済至上主義や効率主義ではない「協同」という価値観を表現していると思います。

 震災復興のために、この国の未来のために、より一層力を合わせていかなければなりません。JA青年部としてJA運動の先頭に立ち、協同の力を最大限発揮できるよう、想いをひとつにして活動していきましょう。

--------
[2] 各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】支援物資の提供 急きょ呼び掛け/栃木・JAかみつが鹿沼と西方の青年部
(2011/03/24 ワイド2北関東)

 【栃木・かみつが】JAかみつが鹿沼青年部と同JA西方青年部はこのほど、東日本大震災の支援物資の提供を呼び掛けた。前日の急の決定にもかかわらず、話を聞いた近隣の人や団体から米や生鮮野菜、その他食料、生活必需品、防寒用具などが続々と集まった。当初予定の1トン車では対応しきれず、4トン車を追加した。

 物資を届けた一人は「地域小学校の母親たちから子ども服などを提供してもらった。困難な所に届けて少しでも役立てて」と思いを託す。

【2】JAについて勉強し、要望伝える/JA西三河青年部がJA役職員と意見交換会
(2011/03/22 県版愛知)

 【西三河】JA西三河青年部は、JA役職員との意見交換会を西尾市のJA本店で開いた。今回が初の試み。JA組織について再度勉強し、JAに対する要望などを伝えることを目的に、青年部から現在の役員と歴代の部長ら17人が出席した。

 JAの組織説明では、同JA経済事業担当の深谷幸男常務や営農部の部課長らが、JA事業や2011年度からスタートする第4次中期計画について説明した。

−・−・−
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください[ http://www.ja-youth.jp/ ]
--------
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・お問い合わせ等は
JA全青協HP[http://www.ja-youth.jp/]の「お問い合わせ」よりメールフォーム
へ必要事項を記入の上送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください)
seinen.s@zenchu-ja.or.jp
============
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ メールニュース事務局

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって