JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 315号 <発行 2011.6.7>
 

JA-YOUTHメールマガジン 315号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2011.6.7>

※ケータイから掲示板へのアクセスは、以下のURLから!
http://www.ja-youth.jp/cgi-bin/gazou/joyful.cgi

============
[1] 今週の青年部リーダー
〜全青協理事 小林 正明〜

「頑張ろう東北・頑張ろう日本」

 今年度より全青協理事に就任いたしました秋田県農業同組合青年部協議会委員長の小林 正明です。このたびの震災に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 今回の震災を機に日本人の多くが“自分に出来ること”に対して深く考えさせられたと思います。決して大きな事は出来ないけれど少しの気持ちと少しの行動がこれからの世の中を大きく変え、青年部の絆を深めこの国難に対して真正面から立ち向かって行く事がこれからの青年部の発展に寄与するものと思います。

 理事に就任してから“全青協として出来る事・県青協として出来る事・自分に出来る事”

 それぞれの役割が違えども目的は一つ。
 
  仲間と共に青年部を活性化して日本の農業を活性化する!

 一年間よろしくお願いいたします。

--------
[2] 各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】雨も泥もへっちゃら 子ども農業体験で田植え /JAにいがた南蒲青年部が指導
(2011/06/03 ワイド2信越) 

 【にいがた南蒲】JAにいがた南蒲青年部は、三条市の北営農センター前の体験田(20アールの水田2枚)で、第9回子ども活(い)き活き農業体験の第一弾、春の田植え体験を行った。JA管内の親子11組36人の他、JA職員や青年部、女性部員、地元の自動車学校に免許取得合宿に来ている教習生も参加。泥まみれになりながら、体験を楽しんだ。

 苗を植える目印「ゴロ押し」も体験し、田植えをした。続いて、機械植えやトラクター試乗も行い、体験田の横にあるサツマイモ畑で苗の定植もした。

【2】TPP反対運動と震災復興支援を柱に/JA古川青年部通常総会
(2011/06/01 県版宮城

 【古川】JA古川青年部は5月24日、同JA本店で第13回通常総会を開いた。厳しい農業情勢の中、若手の部員の加入促進と積極的な活動を展開していくと共に、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加反対運動、震災復興支援活動を行っていくことを確認した。
 
  東日本大震災の犠牲者に黙とうをささげて始まった総会は、各支部の代議員、役員、各支部事務局合わせて58人が出席。2011年度事業計画など3議案を可決承認し、TPP交渉参加に反対する特別決議も行った。

−・−・−
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください[ http://www.ja-youth.jp/ ]
--------
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・お問い合わせ等は
JA全青協HP[http://www.ja-youth.jp/]の「お問い合わせ」よりメールフォーム
へ必要事項を記入の上送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください)
seinen.s@zenchu-ja.or.jp
============
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ メールニュース事務局

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって