JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 316号 <発行 2011.6.14>
 

JA-YOUTHメールマガジン 316号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2011.6.14>

※ケータイから掲示板へのアクセスは、以下のURLから!
http://www.ja-youth.jp/cgi-bin/gazou/joyful.cgi

============
[1] 今週の青年部リーダー
〜全青協理事 渡辺隆幸〜

「未来」

 新潟県農協青年連盟委員長の渡辺隆幸です。

 今年度、関東甲信越ブロックの代表として、全青協理事を務めさせていただきます。

 宜しくお願い致します。

 今回の、東日本大震災で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。とともに、一日も早い復興を願うばかりです。 

 さて今日、あまり報道されなくなったTPPについて、 TPP(環太平洋経済連携協定)は、我々の農業ばかりでなく、我々の生活やそれをとりまく社会を大きく変えようとしています。

 また、文化、食、環境と言った大切なかけがえのない財産(夢、希望)を奪う危険を持っています。農業者だけではなく、消費者にとっても他人事ではないと思います。

 これから安心、安全な食と、豊かな自然の美しいふるさとを未来の子供たちへ、引き継ぐ為に、我々、生産者と消費者が出来る事を一つでも取り組んで一緒に考えて行きたいと思います。

--------
[2] 各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】公園で被災地支援募金活動/JAオホーツクはまなす青年部
(2011/06/07 ワイド2北海道) 

 紋別市のJAオホーツクはまなす青年部は5月28日、滝上町の芝桜公園と道の駅で東日本大震災被災地に対する募金活動と乳製品の消費拡大活動を行った。デントコーンの播種(はしゅ)などの繁忙期の中、5人の部員が被災地農業者の復興に役立ててもらおうと観光客でにぎわう公園内で募金の協力を呼び掛けた。また、牛乳(200パック)を無料配布し、消費拡大も訴えた。

 同青年部の募金活動は紋別市内のスーパーに次いで2回目の街頭募金活動。JA道中央会を通じ被災地復興を支援する。

【2】食はオレたちが守ります リンゴコンテナでPR/JA中野市青年部
(2011/06/05 エリア信越)

 農業の素晴らしさと食の大切さを地域住民にアピールしようと、長野県のJA中野市青年部はリンゴのコンテナでPR文字を作成した。JA南部共選所の北側に、黄色のコンテナをベースに、オレンジ色のコンテナで「食はオレたちが守ります」の文字を描いた。

 使ったコンテナは1040個。高さ3メートル、幅50メートルと、ひときわ目引く大きな作品だ。PR文字は青年部員から募集し、応募数10点の中から、ネーミングとインパクトの良さで決定した。組み立て5月27日、青年部員23人が参加し、約2時間で完成させた。

−・−・−
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください[ http://www.ja-youth.jp/ ]
--------
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・お問い合わせ等は
JA全青協HP[http://www.ja-youth.jp/]の「お問い合わせ」よりメールフォーム
へ必要事項を記入の上送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください)
seinen.s@zenchu-ja.or.jp
============
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ メールニュース事務局

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって