JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 318号 <発行 2011.6.28>
 

JA-YOUTHメールマガジン 318号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2011.6.28>

※ケータイから掲示板へのアクセスは、以下のURLから!
http://www.ja-youth.jp/cgi-bin/gazou/joyful.cgi

============
[1] 今週の青年部リーダー
〜全青協理事 野久保太一郎〜

「一期一会」

 今期、全青協理事に就任しました和歌山県農協青年部協議会会長の野久保太一郎と申します。

 一生に一度の大役を仰せつかり、身が引き締まる思いです。

 まずは東日本大震災から100日を超えてもなお、大変な苦労をされておられる被災地の方々に心からお見舞い申し上げます。

 我々青年部は「最も次世代の消費者に年代が近く、かつ最も長く農業を支えていく世代」であります。

 「青年部活動」という限られた時間の中において、閉じこもった組織にはならずに、一歩一歩前進し、そして次の世代へと繋いでいきましょう!

 長い人生の中で今期、全国都道府県の各委員長、会長に出会えた事は私にとっては奇跡の出会いであります。

 この出会いを大切にし、そして必ず次につなげ、全国の盟友と共に歩いていきたいと思っています。

--------
[2] 各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】「米作りの先生」今年も 東京・神奈川に出前授業/JA庄内みどり青年部 農業理解へ交流 児童招き田舎体験も
(2011/06/23 県版山形) 

 【庄内みどり】JA庄内みどり青年部は16、17の両日、東京都内と神奈川県内の小学校合わせて24校を、12班に分かれて訪問した。青年部員ら34人は、社会科の授業で庄内平野の米作りを学ぶ5年生を対象にした授業を行った。

 この小学校訪問活動は「上京運動」と呼ばれ、今年で26年目になる。バケツ稲や学校田の様子を見ながら栽培のアドバイスをしたり、米作りについての質問に答えたりして、児童と交流を深め、農業に対する理解を深めてもらうのが目的だ。

【2】ピーマン頬張り歓声 園児が収穫体験/JA宮崎中央国富支店青年部 ハウスに招き食育
(2011/06/23 県版宮崎)

 【宮崎中央】JA宮崎中央国富支店青年部は16日、国富町の三秋健太郎さんのピーマンハウスに、同町の森永保育園の園児27人を招待し、ピーマンの収穫体験を行った。地域に根差した青年部の食育活動の一環として毎年行い、今月2〜22日にかけて、青年部員のハウス6カ所で行われた。
 
  青年部から収穫の仕方を教わった園児は、一斉にハウスの中へ入り、収穫を楽しんだ。取れたてのピーマンをそのまま頬張る園児も見られ、ハウスには「おいしい」「ピーマン大好き」と歓声が響いていた。

−・−・−
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください[ http://www.ja-youth.jp/ ]
--------
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・お問い合わせ等は
JA全青協HP[http://www.ja-youth.jp/]の「お問い合わせ」よりメールフォーム
へ必要事項を記入の上送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください)
seinen.s@zenchu-ja.or.jp
============
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ メールニュース事務局

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって