JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 325号 <発行 2011.8.23>
 

JA-YOUTHメールマガジン 325号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2011.8.23>

※ケータイから掲示板へのアクセスは、以下のURLから!
http://www.ja-youth.jp/cgi-bin/gazou/joyful.cgi

============
[1]今週の青年部リーダー

〜JA埼玉県青年部協議会 委員長 坂巻慎一〜

「我が県青協に何ができるか?」

 埼玉県で委員長を務める坂巻です。
 
  先日、県の会議を開催し、当県のポリシーブックについて検討しました。首都東京の隣接県・県内自体も大消費地という立地条件のもと、都市化が進んでいるこの環境の中で我々青年部に何ができるのか?盟友から活発な意見をいただきました。

 先日7月25日に県青年部主催の親睦ソフトボール大会を開催し、熱戦を繰り広げました。各チームで親睦を深めさまざまな意見交換ができたと思います。しかし、農業に対する風当たりが強い中、内部の親睦のみでは我々の訴えは伝わらない!我々の考えを聞いてもらうには、まずは消費者を含めた幅広い視点で捉えたネットワークを構築しないと・・・

 今後もより一層、盟友・消費者は何を求めているか、要望に応えるには何が必要なのかを考え、県委員長という立場から青年部改革を進めていきたいと思います。

--------
[2] 各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】赤くない「ふじ」いかが 黄色リンゴ人気回復を/長野・JA須高青年部が反響調査へ試験
(2011/07/30 JA)

 【長野・須高】JA須高青年部が、リンゴ「ふじ」を袋掛け栽培し、オレンジ色の果皮に仕上げる試験を始めた。「赤くないふじ」の目新しさで客の心をつかむと同時に、苦戦する黄色系リンゴの販売を「ふじ」の知名度でてこ入れする狙いがある。

 この「ふじ」は、収穫期を迎える11月下旬まで完全に有袋のまま栽培し、着色させないのがポイント。黄色よりもややオレンジ色がかった果皮に仕上がる。果実を包む袋は特別のものを使う。通常、果実が大きくなると破れるように施されているミシン目が無く、サイズも大きい。日光を絶対に当てないためだ。

 

【2】農業経営の将来像探る/JA福岡県青年部協研修会
(2011/08/02 県版福岡)

 JA福岡県青年部協議会は7月28日、盟友参加型のJA青年部全体研修会を開いた。

 研修会では(独)農業者年金基金の伊藤健一理事長を講師として招き、農業者年金制度の概要と加入メリットなどについて学習した。


−・−・−
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください[ http://www.ja-youth.jp/ ]
--------
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・お問い合わせ等は
JA全青協HP[http://www.ja-youth.jp/]の「お問い合わせ」よりメールフォーム
へ必要事項を記入の上送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください)
seinen.s@zenchu-ja.or.jp
============
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ メールニュース事務局

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって