JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 330号 <発行 2011.9.27>
 

JA-YOUTHメールマガジン 330号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2011.9.27>

※ケータイから掲示板へのアクセスは、以下のURLから!
http://www.ja-youth.jp/cgi-bin/gazou/joyful.cgi

============
[1]今週の青年部リーダー

〜JA富山県青壮年組織協議会 会長 今城 隆之〜

「夢を語り、夢を形にし、夢を繋ぐ」

 本年度、JA富山県青壮年組織協議会の会長を務めております今城隆之と申します。よろしくお願いいたします。

 まず始めに、この度の東日本大震災において被災した皆様、また度重なる台風・豪雨等の天災で被災された皆様にお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 昨今の農政の情勢においてはTPPや先物取引など多くの問題をはらんでおります。

 課題につきましても、富山県におきましては特に県内の野菜の産地作りなどが挙げられております。

 また、先の震災における対応や、盟友数の減少等、それぞれの県がそれぞれの問題点を抱えている状況だと思います。

 組織の長として、このような時だからこそ盟友一人ひとりの声を聞き、伝える義務が私たちにはあると思います。

 11月の一斉請願に向けて、各県ポリシーブックの作成に取り組んでおられることと存じますが、請願にとどまらず、その後の活動に繋げてこそだということ踏まえ、昨年のJA富山県青壮年組織協議会のスローガンをタイトルに致しました。

 共に頑張りましょう。


--------
[2] 各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】第2弾はあらびき ウインナーPR/JAみなみ信州養豚部会青年部
  (2011/09/21 ワイド1信越)

 長野県のJAみなみ信州養豚部会青年部は、部員が育てた豚の肉を使った「あらびきウインナー」を商品化した。1年前に商品化した「ガーリックウインナー」に続く第2弾。2商品とも、JA管内の農産物直売所や道の駅などで販売する予定だ。

 養豚青年部はこのほど、飯田市のJAりんごの里直売所でウインナー発売1周年イベントを開催。養豚後継者の矢澤宏輝さん(41)、橋場孝光さん(38)、丸山公弘さん(34)、今村篤さん(40)が店頭に立ち、4人の顔の似顔絵を書いたラベルやPOP(購買時点広告)を使って2商品を試食販売した。

【2】節税対策等研修会で経営改善策を学ぶ/JA伊万里肥育牛青年部
   (2011/09/20 ワイド2北九州) 

 【佐賀・伊万里】JA伊万里肥育牛部会青年部は、西松浦農業改良普及センター主催の第5回経営管理基礎研修会に参加し、肥育経営の節税対策について理解を深めた。部員ら15人が出席した。

 農業経営簿の記帳を基に「わが家の経営」の実態把握に努め、経営改善を図ることで国際化・情報化・技術の高度化に対応できる経営管理能力を有する農業者となることを目指した。


−・−・−
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください[ http://www.ja-youth.jp/ ]
--------
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・お問い合わせ等は
JA全青協HP[http://www.ja-youth.jp/]の「お問い合わせ」よりメールフォーム
へ必要事項を記入の上送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください)
seinen.s@zenchu-ja.or.jp
============
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ メールニュース事務局

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって