JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 335号 <発行 2011.11.2>
 

JA-YOUTHメールマガジン 335号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2011.11.2>

※ケータイから掲示板へのアクセスは、以下のURLから!
http://www.ja-youth.jp/cgi-bin/gazou/joyful.cgi

============
[1]今週の青年部リーダー

〜JA三重青年部 会長 長町 尚格〜

「盟友、JAそして地域住民との『絆』」

  JA三重青年部の長町尚格です。

 まずは、先の東日本大震災で被災された方々にお見舞い申し上げるとともに、一刻も早い復興をお祈り致します。

 さて、現在の農業を取り巻く情勢はと言いますと、みなさんご存知のとおりですが、地震や台風等の自然災害の多発、TPP交渉、米先物取引の試験上場等、次々と問題が発生しています。

 このような情勢の中で、私たち農業者は持続的に農業を営まなければなりません。とても大変なことです。

 しかしながら私は、これはチャンスでもあると思うのです。今こそ農業者同士、さらには農業者とJA、そして地域住民との「絆」をさらに強くする時だと思います。「協同の精神」を思い起こす時なのです。

 そこで地域住民との絆を深める取り組みの一つとして、JA三重青年部では「JAアグリデザイングランプリ」を行っています。これは、地域住民から農業に関するデザインを募集するものです。地域住民の皆さまにデザインしてもらうことで「農業を考えるきっかけ」としてもらうことが狙いです。優秀なデザイナーを表彰し、表彰式の際に交流会等も行っています。

 これは取り組みの一つに過ぎませんが、大きな一歩だと考えています。私たち青年農業者は、これからも地域住民とともに地域農業を支えていく使命があります。

 今後も、青年部の仲間、JA、地域住民と手を取り合って頑張りたいと思います。


--------
[2] 各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】若い力でTPP阻止/北関東勢決意固く 農業地帯守れ
  (2011/10/26  ワイド1北関東)

 日本農業をつぶすな――。25日に東京・衆議院第二議員会館の前で座り込みを実施したJA全青協の環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加反対活動に、北関東の群馬、栃木、茨城の3県からは5人の青年部員が駆け付けた。全国有数の農業地帯の将来を背負う担い手たちは、熱い思いを胸にそろいのTシャツを着たり、のぼり旗を掲げたりするなどして参加反対を訴えた。

 JA茨城県青年連盟の平塚実参与は「農業は生きるために絶対に必要なもの。地域の重要な産業でもある。断固阻止に向けてできるだけ頑張る」と強く訴えた。

【2】先生と意見交換/させぼ南部地区食農教育活動実行委
(2011/10/25  県版長崎)

 【ながさき西海】JAながさき西海の青年部や女性部でつくる、させぼ南部地区食農教育活動実行委員会はこのほど、協力して食農教育に取り組んでいる学校の先生と、下半期の活動内容について意見を交わした。

 同実行委員会は、数年前から学校の先生との強い連携で、企画性豊かな農業体験などを実施している。さらなる活動の充実と連携強化を図る目的で先生と意見を交わした。


−・−・−
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください[ http://www.ja-youth.jp/ ]
--------
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・お問い合わせ等は
JA全青協HP[http://www.ja-youth.jp/]の「お問い合わせ」よりメールフォーム
へ必要事項を記入の上送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください)
seinen.s@zenchu-ja.or.jp
============
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ メールニュース事務局

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって