JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 339号 <発行 2011.11.29>
 

JA-YOUTHメールマガジン 339号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2011.11.29>

※ケータイから掲示板へのアクセスは、以下のURLから!
http://www.ja-youth.jp/cgi-bin/gazou/joyful.cgi

============
[1]今週の青年部リーダー

〜兵庫県農協青壮年部協議会 委員長 田淵真也〜

「未来は今に期待しています」

 東日本大震災や台風による天災、東京電力福島原発事故で被災され苦労されている皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 私は兵庫県の委員長をさせていただいております、田渕真也と申します。土地利用型農業者で青年部に入って5年ぐらいになります。この役職を機に様々な方と交流ができ充実した日々を送らせていただいています。

 11月7日には“座り込み”活動に参加し貴重な体験をすることができました。しかしながら全青協の思いと反し11日には総理の交渉参加に向けた関係国との協議開始表明に至るという大変残念な結果となりました。

 しかし、残念がってばかりいても仕方ありません、私たちはまだまだ先があります。将来のためにも私たちの行動が通じなかった理由を考え反省すべきは反省し、議論を重ね、新たな行動をしていきましょう。

 これだけ多くの素晴らしい人間が青年部にはいるのです。前を向いて進みましょう、未来は今に期待しています。


--------
[2] 各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】青年部が出前授業 園児とバター作り/JAゆうべつ町
  (2011/11/25 ワイド2北海道)

 オホーツク管内湧別町のJAゆうべつ町青年部は22日、地元の町立芭露保育所を訪れ、子どもらとバター作りなどを行った。食農教育の一環として牛乳や農業に親しんでもらうのが狙いで、今年で4回目となる。

 牛乳と生クリームを混ぜた500ミリリットルのペットボトルを用意。本間義輝部長ら5人が、子どもらに「元気良く振ってください」と声を掛けて一緒にバターを作った。

【2】和歌山県でリンゴ宣伝販売/青森・JA津軽みらい青年部(2011/11/18 ワイド2北東北) 

 【青森・津軽みらい】JA津軽みらいみなみ地区青年部は13日、部員3人が和歌山県に出向き、第24回田辺市農林水産業まつりでリンゴの宣伝販売を行った。同県のJA紀南青年部との交流活動の一環で、両JAの青年部員が声を合わせて津軽育ちのリンゴをアピールした。

 この日は、サンふじ・サン王林合わせて80ケース(1ケース10キロ)を持参。会場となった田辺市目良の市民球場や武道館では、開店と同時に大勢の来場者でにぎわった。来場者からは「甘味が深い」、「リンゴのおいしい見分け方は」などさまざまな感想や質問が上がった。



−・−・−
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください[ http://www.ja-youth.jp/ ]
--------
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・お問い合わせ等は
JA全青協HP[http://www.ja-youth.jp/]の「お問い合わせ」よりメールフォーム
へ必要事項を記入の上送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください)
seinen.s@zenchu-ja.or.jp
============
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ メールニュース事務局

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって