JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 341号 <発行 2011.12.13>
 

JA-YOUTHメールマガジン 341号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2011.12.13>

※ケータイから掲示板へのアクセスは、以下のURLから!
http://www.ja-youth.jp/cgi-bin/gazou/joyful.cgi

============
[1]今週の青年部リーダー

〜JA鳥取県青壮年連盟 委員長 高塚光春〜

「私達のこれから」

 JA鳥取県青壮年連盟 委員長の高塚です。

 東日本大震災、そして相次ぐ転載により被害を受けられた多くの盟友とそのご家族の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 さて、10月、11月とTPP交渉参加反対に向けた運動も虚しく、TPP参加に向けた協議を行うことが決定されました。

 我々のTPP反対に向けた活動は、まだまだ終わりではありません。またここからはじめなければならないのです。

 話は変わりますが、私が鳥取県の委員長になって早2年が経ちました。この2年で変わったことと言えば、おなか周りに肉がついたことです(笑)



--------
[2] 各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】経営参考に視察交流 観光農園など3カ所で/JAあいち知多青年部
   (2011/12/09 県版愛知) 

 【あいち知多】JAあいち知多青年部は、部員の農業経営を現地視察する視察交流会を開いた。昨年に続いて2回目の開催で33人が参加。ミカンやユリ、イチゴなどの作物や経営形態の違う園地3カ所を訪問して経営規模や内容、今後の目標などの説明を聞いた。

 訪問したのは美浜町で直売所やイチゴ狩り、ミカン狩りなどの観光農園を経営する農事組合法人「鵜(う)の味」。常滑市でユリを栽培する山下貴史さん、半田市でハウスイチゴを経営する市野敦紳さんの圃場(ほじょう)だ。


【2】花ある暮らし町づくり支え 苗植えたプランターを配布し10年/神奈川・JAはだの青年部 シール貼り 活動もPR      
   (2011/12/08 ワイド2首都圏) 

 色鮮やかな花々を多くの人に楽しんでもらいたい――。神奈川県のJAはだの青年部が力を入れている「花いっぱい運動」が、地域に根差した取り組みとして好評を得ている。毎年、花壇苗を植え込んだプランターを、秦野市内のさまざまな施設に配布し、広く市民の目を和ませている。

 運動を実施しているのは10年前からで、2004年には、花壇苗の配布を始めた。配布したプランターは、花が咲き終わった後も継続して使えるように、各施設に寄付。側面に「JAはだの青年部」と書いたシールを貼り付けることで活動のPRにもつながった。


−・−・−
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください[ http://www.ja-youth.jp/ ]
--------
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・お問い合わせ等は
JA全青協HP[http://www.ja-youth.jp/]の「お問い合わせ」よりメールフォーム
へ必要事項を記入の上送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください)
seinen.s@zenchu-ja.or.jp
============
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ メールニュース事務局

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって