JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 350号 <発行 2012.2.21>
 

JA-YOUTHメールマガジン 350号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2012.2.21>

※ケータイから掲示板へのアクセスは、以下のURLから!
http://www.ja-youth.jp/cgi-bin/gazou/joyful.cgi

============
[1]今週の青年部リーダー

〜佐賀県農協青年部協議会 委員長 川崎博明〜

「心の復興と日本の再建を願って」

 昨年は、個人の力ではどうしようもないと思えることが起きました。

 東日本大震災や原発事故。これにともなう電力不足。更に、不況下での円高により、国内企業は生産拠点を海外に移し、下請け中小企業の経営は一層厳しくなっております。

 海外に目を向けると、ギリシャの財政危機に端を発した、ヨーロッパ諸国での経済危機。

 農業を取り巻く環境や農業経営も厳しい時だと思います。

 しかし、厳しく、苦しい中にも、気持ちを切り替えて努力していけば、自分を取り巻く環境は必ず変えていけるはずだと思います。一人ではできない事も、協同の力を合わせてやれば絶対にできる。「変わろう」「変えよう」と気づきがなければ何も動きません。何かを本気でやろうという「覚悟」があれば、その後は大きく拓けると思います。

 最後に、東日本大震災および原発事故で被災された皆様には、心よりお見舞申し上げます。

 一日も早い「心の復興と日本の再建」を願って。


--------
[2]各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】中学校で花壇造る/東京・小平市園芸組合青年部
(2012/02/15 ワイド1首都圏)
 
 【東京むさし】小平市園芸組合青年部はこのほど、市立小平第三中学校で花壇造りと植栽をした。同校の生徒とその家族、地域のボランティアらも参加。れんがで作った植栽スペースにパンジー、ビオラ、ガーデンシクラメン、シロタエギクなど480本を植え、色彩豊かな花壇を完成させた。

 小山淳青年部長は「花と緑をより身近に感じてもらえるよう、継続的な活動で市民へPRを続けていきたい」と話した。

 

【2】経営分野別に課題と対策探る/青森・JA津軽みらい青年部    
(2012/02/11 ワイド2東北)

 【青森・津軽みらい】JA津軽みらい青年部は8日、平川市にあるホテルアップルランドで各支部代表者ら52人が出席して「分科会」を開いた。

 同青年部の對馬伸吾部長は「お互いに良いところ、悪いところを情報交換して、これからの経営に生かしたい。地区間の壁を取り払い、作物ごとに分かれて 議論ができれば」とあいさつした。


−・−・−
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください[ http://www.ja-youth.jp/ ]
--------
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・お問い合わせ等は
JA全青協HP[http://www.ja-youth.jp/]の「お問い合わせ」よりメールフォーム
へ必要事項を記入の上送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください)
seinen.s@zenchu-ja.or.jp
============
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ メールニュース事務局

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって