JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 376号 <発行 2012.10.2>
 

JA-YOUTHメールマガジン 376号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2012.10.2>

※ケータイから掲示板へのアクセスは、以下のURLから!
http://www.ja-youth.jp/cgi-bin/gazou/joyful.cgi

=========================================

[1]今週の青年部リーダー

〜JA石川県青壮年部協議会 委員長 高尾智之〜

 「続・世界農業遺産」

 JA石川県青壮年部協議会委員長の高尾智之です。

 2011年に石川県の「能登の里山里海」が世界農業遺産に認定されましたので、能登出身者として、故郷の里山里海についてPRさせて戴きます。

 「能登の里山里海」は、神子原米や能登野菜などの「農産物」、千枚田や春蘭の里などの「景観」、揚げ浜式製塩や能登各地の炭焼きや海女漁などの「伝統的技術」、あえのことや能登各市町に伝わるキリコ祭りなどの「文化・祭礼」等、何世紀にもわたり農林水産業や人の暮らしの中で育まれてきた豊かな地域資源があり、その総合力が世界に高く評価されたものです。

 ただ「世界農業遺産」認定はおろか、「能登の里山里海」の知名度自体低いため、その素晴らしさを広く発信していくためには、私達が故郷に対する愛着と豊富な資源への感謝を胸に、今後あらゆる機会を通して、能登の農業振興・活性化に資する取り組みを強化していくことが必要です。

 また、小さな取り組みであっても、コツコツやることが知名度向上に繋がると信じ、私自身誇りと希望を胸に、率先して取り組むつもりです。

 是非、一度能登に足をお運び頂き、自然の恵みによる里山里海を満喫して下さい。

============

[2]各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】若者目線で協議 政策提言集を作成/JA秋田しんせい青年部
(2012/09/19 県版秋田)  

 JA秋田しんせい青年部はこのほど、若者の目線から見た今後の農業の在り方や行政に対する意見要望などをまとめた同青年部版ポリシーブック(政策提言集)の作成会を開いた。

 作成会には、同青年部各支部から8人が参加し、JA管内の青年部各支部の部員から寄せられた営農活動についての疑問や課題、不満などを基にポリシーブックに掲載する内容について話し合った。

 取り組みを強化すべき点や行政への要望として挙がった項目は(1)農作物のPRについて(2)後継者問題(3)原発事故・消費税増額問題・環太平洋連携協定(TPP)問題(4)今後の青年部活動――など。参加者は、現状を確認し、改善策や青年組織として行うことなどについて意見を出し合い、協議を重ねていた。

 青年部長の佐藤角栄さんは「課題や問題点を話し合い、改善策を模索することは大切だが、一番は実行すること。今回作成するポリシーブックをJA秋田しんせい青年部の活動指針として、部員間で協力して取り組んでいきたい」と今後の活動に対する意気込みを話した。

 今回、作成したJA秋田しんせい青年部版ポリシーブックは、各都道府県版としてまとめられる。それらを一つに集約したものが、JA全青協ポリシーブックとして発行される予定だ。

 

【2】児童と稲刈り ご飯「楽しみだ」/JA長生青年部長南支部
(2012/09/20 県版千葉) 

 【長生】JA長生青年部長南支部は12日、長南町東地区の田んぼで、同町立東小学校5年生13人が参加し、稲刈りを体験した。

 5月上旬に田植えをしたもので、青年部の食育活動の一環として休耕田を利用し、毎年行っている。今年で5年目。稲作を通じて、日本の主食の米に関心を深めてもらい、収穫の喜びなどを学んでもらうことが目的。

 同青年部の木村忠成青年部長は「鎌の扱いに気を付けて、けがをしないようにしてください」とあいさつした。

 児童が鎌で稲を刈った後、青年部員がコンバインで残りの稲を刈った。児童たちは「コンバインは速いね」「暑くて、大変だったけど、楽しかった。ご飯になるのが楽しみ」と話した。

 収穫した米は収穫祭で、おにぎりを作り、稲刈りなどで世話になった人々に振る舞う予定。

 同支部は、今後も食育活動として、学校と協力し稲作体験を継続していく予定だ。

 

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください
[ http://www.ja-youth.jp/ ]
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・
お問い合わせ等はJA全青協HP [ http://www.ja-youth.jp/ ]
の「お問い合わせ」よりメールフォームへ必要事項を記入の上
送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスま
でご連絡ください)
seinen.s@zenchu‐ja.or.jp
================================================
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ 
メールニュース事務局  

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって