JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 378号 <発行 2012.10.16>
 

JA-YOUTHメールマガジン 378号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2012.10.16>

※ケータイから掲示板へのアクセスは、以下のURLから!
http://www.ja-youth.jp/cgi-bin/gazou/joyful.cgi

=========================================

[1]今週の青年部リーダー

〜岐阜県農協青年部連絡協議会 委員長 水梨晃士〜

「やってて良かった青年部」

 岐阜県農協青年部連絡協議会委員長の水梨晃士です。

 9月27日に飛騨高山において、県内5単組の青年部員が集まる「盟友の集い」を開催しました。

 今回は岐阜県版ポリシーブックの作成会を行いました。会ではとくに青年部の活性化をテーマに、グループに分かれ課題の整理や解決方法を議論しました。

 懇親会でも話し合いは続き、「各青年部に活動の差がある中でも、同じ思いを持った仲間がいることが分かった」とか「良い取り組みを参考にして活性化していきたい」といった声が聞け、収穫の多い会になったように思います。

 遅れていた岐阜県版ポリシーブックですが、今回出された意見をまとめあげ、早い時期の完成を目指します。

 青年部に入った(入らされた)当時、活動が仕事や生活の妨げにならないか不安でした。しかし今、青年部の活動やその仲間との交流が原動力となり仕事や生活のペースを作ってくれているような気がします。委員長となり、忙しい毎日ですが、とても充実しています。「青年部活動に関わっていないと気がすまない」私のような人が増えてくれたらいいなと思います。

============

[2]各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】伝統エダマメ 取り放題人気/JA越後ながおか青年部王寺川支部      
(2012/10/03 県版新潟)

【越後ながおか】JA越後ながおか青年部王寺川支部は、伝統野菜のエダマメ「肴豆(さかなまめ)」の荒縄1本とり放題イベントを開いた。1メートルの荒縄を購入し、束ねられるだけ持ち帰れるというもの。新鮮な「肴豆」をたくさん持ち帰ろうとしたり、子どもと収穫をしたりするなど、約300人が楽しんだ。

 「肴豆」は、長岡市王寺川地区や福戸地区を中心に栽培しているエダマメ。独特の風味と香りが特徴で、酒の肴にぴったりなことから「肴豆」と呼ばれている。

【2】いちご大福 力合わせて 栽培からみっちり/静岡・JA遠州中央森町青年部が農業小学校      
(2012/10/06 社会12版)  

静岡県のJA遠州中央森町青年部は、女性部と協力し、小学生の親子を対象にした教室「森町農業小学校」を開き、地産地消への理解を深めている。今年のテーマは「いちご大福づくり大作戦」。小豆やもち米を栽培し、先月は主役のイチゴ苗を定植。試行錯誤しながら、親睦や絆を深めている。

 材料となる春先に植え付けた小豆ともち米は、収穫のめどがついているが、イチゴは町内で栽培している農家がいないため、JA職員の知恵を借りて肥培管理に取り組んでいる。先月末には、強い台風で定植して間もない苗が潮風の被害を受け、子どもたちはありのままの農業を体験した。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください
[ http://www.ja-youth.jp/ ]
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・
お問い合わせ等はJA全青協HP [ http://www.ja-youth.jp/ ]
の「お問い合わせ」よりメールフォームへ必要事項を記入の上
送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスま
でご連絡ください)
seinen.s@zenchu‐ja.or.jp
================================================
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ 
メールニュース事務局  

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって