JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 388号 <発行 2012.12.25>
 

JA-YOUTHメールマガジン 388号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2012.12.25>

※ケータイから掲示板へのアクセスは、以下のURLから!
http://www.ja-youth.jp/cgi-bin/gazou/joyful.cgi

=========================================

[1]今週の青年部リーダー

〜JA岡山県青壮年部協議会 会長 奥山孝明〜

「JAYOUTHブランド農産物の流通に向けて」

 JA岡山県青壮年部協議会の奥山孝明です。

 早いもので、あっという間にクリスマスがやってきました。

 衆議院選挙も終わり、自民党が圧勝しました。TPP問題もこれからが本番です。

 岡山県JA大会においても、決意表明をさせていただき、生産量の拡大と販売戦略をJAと一体となって、取り組んでいく方針です。

 JA直売所やJA青壮年部のイベント活動、将来的には、市場やスーパーにも、JAYOUTHの商品が並ぶのを目指して、全国統一の盟友の農産物ブランドの確立に向けて、JA運動の先頭に立ち、活動していきたいと思います。

 また、県の中でも青壮年部の設立ができていないJAには、働きかけを行い、未設立のJAにもぜひ青壮年部を設立していただき、一緒に活動をしていきたいと思います。

 未来を担う青壮年部が真のJAグループの柱となれるように、たくさんの種をみんなで播きましょう。

================================================

[2]各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】高校生と意見交換 経営や進路で質問/JA栃木青年部連盟      
(2012/12/15 ワイド1北関東)

【栃木】JA栃木青年部連盟は14日、宇都宮市の県立宇都宮白楊高校で意見交換会を開いた。初めての試みで、次代の担い手である高校生に、青年部の活動や現役農業者の生の声を伝えることで、農業の魅力を感じてもらうのが目的。生徒43人と同連盟役員7人が参加した。

 役員7人がそれぞれの経営内容を説明した後、生徒たちは役員の元に向かい、グループ討議を行った。

【2】ニラ飛ばし大会 祭りで特産PR/高知・JA四万十青壮年部      
(2012/12/14 ワイド2四国)

 【高知・しまんと】高知県のJA四万十ニラ青壮年部は、四万十町松葉川温泉でニラ飛ばし大会を開き、温泉まつり実行委員会主催で行われた祭りを盛り上げた。特産品であるニラをより多くの人に知ってもらうことを目的に3年前から行っており、祭りの一角を担っている。

 参加者らは部会員のアドバイスを受けながら、よく飛びそうな葉幅の広い大きなニラを選ぶなどして挑戦した。ニラ部会では年間販売高10憶円を目標に取り組んでおり、イベントを通じ特産品として地元での認知度向上も期待する。


−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください
[ http://www.ja-youth.jp/ ]
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・
お問い合わせ等はJA全青協HP [ http://www.ja-youth.jp/ ]
の「お問い合わせ」よりメールフォームへ必要事項を記入の上
送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスま
でご連絡ください)
seinen.s@zenchu‐ja.or.jp
================================================
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ 
メールニュース事務局  

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって