JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 407号 <発行 2013.6.11>
 

JA-YOUTHメールマガジン 407号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2013.6.11>

※全青協facebookページへの「いいね!」はこちらから!
https://www.facebook.com/ja.seinen

=========================================

[1]今週の青年部リーダー

〜全国農協青年組織協議会 会長 山下 秀俊〜

 「心をひとつに」

 平成25年度(第60代)JA全青協会長を務めております、長崎県の山下秀俊です。

 全国盟友の皆さんが日頃より、日本農業の発展のための営農活動、そして活発な青年部活動を展開されておられる事に対し、改めて感謝を申し上げます。

 さて、現在農業を取り巻く情勢は、TPPを含め決して明るいと言い切ることができません。

 1年という任期しかありませんが、ポリシーブックの取り組みなどを通じて、全国盟友の皆さんの現場の声に耳を傾け、しっかりとリーダーシップを取っていければと思っています。

 進化しつつあるポリシーブックの活用策など、「戦略」と「戦術」をしっかり立て、日本農業、JA青年組織が将来の明るい展望を描けるよう活動を進めることをお約束します!!

 全国盟友皆さんと心をひとつにし「出逢いは一瞬、つきあいは一生、感謝」の気持ちで頑張ってまいります。

 さて、6月15日は「今こそ考えよう TPPのこと」全国一斉街宣活動です。農業と地域のリーダーとして、消費者に対する責任を果たすためにTPPに反対しているということをしっかりと伝え、あらためて消費者の皆さんにTPPの危険性について考えてもらう大きな運動としましょう!!全国盟友の皆さんのご協力を宜しくお願いします!!

 1年間、よろしくお願いいたします。

【撮影】魚谷昌宏(家の光協会 編集本部 地上編集部)
【撮影】魚谷昌宏(家の光協会 編集本部 地上編集部)

================================================

[2]各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】“マレーシアから研修生受け入れ/山梨県国際農村青年連盟
  (2013/06/04 ワイド2首都圏)
 
 【やまなし】山梨県国際農村青年連盟は、国際農業者交流協会の委託を受けて、マレーシアの農業研修生1人を受け入れた。研修生はこのほど、県農政部の山里直志部長らを表敬訪問した。

 研修生はアジズール・ムイズ・アドブゥ・アジズ・ビンさん(23)。約1年間にわたり、同連盟の田中久会長宅にホームステイし、日本の農業生産技術や文化などを学ぶ。

 

【2】児童と一緒に作業 緑のカーテン設置/JA都城青年部志和池支部 
(2013/06/02 エリア九州)

 宮崎県のJA都城青年部志和池支部は、都城市立丸野小学校で同校5年生と青年部員30人がグリーンカーテンを設置した。作業手順を説明し、2班に分かれて5カ所の花壇に設置した。

 品種は、セイヨウアサガオ「ヘブンリーブルー」を使用。花は5、6輪咲き、葉は丸く、9、10月ごろまで咲く。生育が良く、グリーンカーテンに適している。


 

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください
[ http://www.ja-youth.jp/ ]
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・
お問い合わせ等はJA全青協HP [ http://www.ja-youth.jp/ ]
の「お問い合わせ」よりメールフォームへ必要事項を記入の上
送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスま
でご連絡ください)
seinen.s@zenchu‐ja.or.jp
================================================
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ 
メールニュース事務局  

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって