JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 409号 <発行 2013.6.25>
 

JA-YOUTHメールマガジン 409号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2013.6.25>

※全青協facebookページへの「いいね!」はこちらから!
https://www.facebook.com/ja.seinen

=========================================

[1]今週の青年部リーダー

〜全国農協青年組織協議会 理事 黒田 栄継〜

 「目的と手段」

 TPPは、誰のための、誰を幸せにするためのものだろうか。二言目には経済成長を強調するが、それ自体は私たちの生きる目的ではない。

 私たちの生きる目的、それは、「次代に命をつなぎ、次代に社会をつなぐために今やるべき責任をしっかりと果たすこと」ではないだろうか。

 つまり経済成長は、私たちが幸せに生きるための手段の一つであり、前提となる目的を見失ったままではいつまで経ってもTPPの正当性は見えてこないのである。

 いま必要なことは、手法論(TPP)を語る前提となる価値観をしっかりと見つめなおし共有する事なのだと思う。生きると言う事、生きるために食べると言う事、支えあい助け合いながら生きると言う文化をしっかりと確立し、それを認識した上で、それに有効な手段を構築する事なのである。

 もちろん、だからと言って全ての経済行為を否定するものではない。経済成長を目指すことそれ自体が悪なのでは決してない。繰り返すが、大切なのは、目的と手段を間違ってはいけないということである。

 私たちは農村という、決して便利とは言えない環境で暮らしていく中で、「共同」という知恵を生み出し、互いに支え合いながら生きてきた。この国が今ほどの経済力を有していない頃には、もしかすると日本中がこの感覚に満ちていたのかもしれない。日本国民全てが共同していたのである。

 都市と農山漁村が切り離されてしまった今、この価値観を明確に有している私たち生産者が果たすべき役割は、とても大きなものになってきたのだと思う。いかにしてこの価値観を国民全体で共有するのか、私たちからの積極的なアプローチはもはや、役割そのものと言っていい。農協青年部を中心に取り組んできた生活者とのつながりの促進を、今後更に加速させる事が、先に述べた目的の確立にとって、一番の近道だと考える。


================================================

[2]各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】津波跡地で草刈り支援/JAいわて花巻青年部
  (2013/06/21 JA)
 
 【岩手・いわて花巻】JAいわて花巻青年部は、釜石市箱崎町白浜の仮設住宅周辺と津波被害住宅跡地で草刈り作業をし、住民らと交流した。草刈りは年数回行う支援活動。避難住民から「津波で刈り払い機などの機械類が全部流されてしまった」という声を聞いたのがきっかけで、今回で5回目。

 当初は仮設住宅周辺だけだったが、住民からの要望で浜辺近くの自宅跡地でも作業している。刈り取り作業の他、噴霧器で除草剤も散布した。るべき姿など、青年農業者の考えも伝えたい」と抱負を話した。

 

【2】食と農業を守ろう TPP交渉参加反対 パレードで怒りの訴え/8県青年組織が街宣 
(2013/06/16  エリア九州)

 九州・沖縄8県のJA青年組織は15日、各県で街宣活動を展開し、政府の環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に反対を訴えた。全国農協青年組織協議会(JA全青協)の呼び掛けに応えた全国一斉の行動で、市街地でちらしやパンフレットを配布した他、街宣パレードなども実施。

 「今こそ考えようTPPのこと」をテーマに、TPP反対だけでなく、TPPが国民生活に与える影響や、安心・安全な国産農畜産物を供給することの意義を呼び掛けた。JA中央会や女性協なども街宣活動に参加した。


 

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください
[ http://www.ja-youth.jp/ ]
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・
お問い合わせ等はJA全青協HP [ http://www.ja-youth.jp/ ]
の「お問い合わせ」よりメールフォームへ必要事項を記入の上
送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスま
でご連絡ください)
seinen.s@zenchu‐ja.or.jp
================================================
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ 
メールニュース事務局  

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって