JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 410号 <発行 2013.7.2>
 

JA-YOUTHメールマガジン 410号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2013.7.2>

※全青協facebookページへの「いいね!」はこちらから!
https://www.facebook.com/ja.seinen

=========================================

[1]今週の青年部リーダー

〜全国農協青年組織協議会 理事 天笠 淳家〜

 「一歩前へ」

 自分は、この日本に生まれ「農業」という人を「食」で笑顔にさせられる魅力あるすばらしい仕事をしている。

 今日自分があるのも「農業」という産業を通じて、伝統、歴史のあるこの組織に入り多くの盟友に出会い、語り、学び育ってきた。

 「現代社会日本」に居ながら日本の安全基準のもと、世界中の物が食べられる豊食時代を向かえている。このまま当たり前のように生活しているとTPPの危険性により「長寿社会日本」の形成は崩れ、国民は皆だまされる。

 政府の情報開示のないまま、大方の国会議員も知らされないまま、国民はだまされる。

 こんな事あっていいはずがない。

 我々の、我々による、我々の為の自然豊かな美しい国、日本を継続していけるように、今こそ行動を起こそう。

 今だからできる  今やらなきゃいけない事
 後戻りしない   後悔しないように

 未来の為に 後世の為に  一歩前へ


================================================

[2]各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】TPP反対など提起 林農相に提出、議員にも/JA全青協ポリシーブック
(2013/06/26 JA)
 
 全国農協青年組織協議会(JA全青協)は25日、長崎市で記者会見を開き、2013年版ポリシーブック(政策集)を発表した。環太平洋連携協定(TPP)への参加反対や農業経営安定につながる政策の実現など、10課題を提起した。自ら取り組むべき方針も盛り込んだ。全国版の作成は2年目。10月に国会議員に全国一斉要請する他、市町村などに働き掛ける活動を展開する。

 会見で山下秀俊会長は「毎年の積み重ねが重要で、内容を充実した。10〜20年後の農業の発展につながるよう取り組みたい」と意気込みを語った。益子丈弘副会長、黒田栄継理事も出席した。

 

【2】児童と桃袋掛け/JA岡山青壮年部西支部
(2013/06/25 ワイド2中国)

 【岡山・岡山】JA岡山青壮年部西支部の部員6人は18日、岡山市立桃丘小学校で児童と袋掛け作業を行った。家が桃農家の児童が多く、手慣れた様子で次々と袋を掛けた。

 同校には3本の「清水白桃」の木があり、10年以上前から地域住人が木の世話をしてきた。4年前からは同部が引き継いでいる。児童は総合学習の一環として、地区の特産品である桃の世話を学んでおりこの日、部員と3年生34人が袋掛け作業をした。作業では、部員が3班に分かれて実の間引きと袋掛けを指導した。


 

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください
[ http://www.ja-youth.jp/ ]
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・
お問い合わせ等はJA全青協HP [ http://www.ja-youth.jp/ ]
の「お問い合わせ」よりメールフォームへ必要事項を記入の上
送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスま
でご連絡ください)
seinen.s@zenchu‐ja.or.jp
================================================
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ 
メールニュース事務局  

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって