JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 411号 <発行 2013.7.10>
 

JA-YOUTHメールマガジン 411号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2013.7.10>

※全青協facebookページへの「いいね!」はこちらから!
https://www.facebook.com/ja.seinen

=========================================

[1]今週の青年部リーダー

〜全国農協青年組織協議会 理事 橋本 守〜

 「いまこそ繋がりを密に」

 農業は人の命を預かる根底の産業。そしてこの国の国土を守る最も底辺にいる人々の産業。

 私はこの農業で生活をしていて、すごく誇りに思っています。

 一粒の種がこの国の土から栄養をもい大きく育ち、そして収穫され食卓へ。その食卓から笑顔が生まれこの国を支える。こんな大きな産業は他にないと思います。

 TPPによる農産物の安全基準の見直しや関税の変化による価格下落。それにより農家の意欲低下がこの国を大きく揺さぶると思います。

 農家一人ひとりでこの国をいろんな面で支えている。その根底を揺るがす事はあってはならない。

 この農業を守っていく為にも、いま盟友同士の繋がりを密にして行動してゆく時ではないでしょうか。次の農業を支えていく我らが行動を起こして今の日本を守り、未来の子供達のためにもこの大切な農業を伝えていきましょう。


================================================

[2]各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】販促へ青果会社と意見交換/JA新潟みらい赤塚支部青年部
(2013/06/29 県版新潟)
 
 【新潟みらい】JA新潟みらい赤塚支部青年部は、新潟市江南区の新潟市中央卸売市場で、新潟中央青果(株)と懇談会を開いた。同青年部員と同社や同JAの関係者ら31人が出席。農作業や作物の出荷などについて意見交換した。

 懇談会では、青年部員が栽培している品目ごとに生育状況を報告。同社は販売品目の動向などを説明し、お互いの立場からの情報交換をした。

 

【2】8月24日「農コン」/JA佐波伊勢崎 参加者募る
(2013/06/28 県版群馬)

 JA佐波伊勢崎は、8月24日に婚活イベント「農コン」を開催する。JA佐波伊勢崎青年部「担い手支援サークル〜旬コン・農コン・新婚」では、独身農業者の男性と一般女性との出会いの場を提供する取り組みとして「農コン〜Smile Project」を行っている。8月に開かれる農コンでは、管内の農業者であり陶芸家の栗原誠治さんを講師に招き、陶芸教室を開き、陶芸体験で参加者の交流を深めた後、懇親パーティーを開く予定。

 7月1日から同JA営農支援課で受け付けを始める。農コン開催日は、8月24日午後4時集合。会場は、JA佐波伊勢崎本店(伊勢崎市連取町)。20〜40代の男女が対象。男性は伊勢崎市、玉村町の農業者。女性は一般で市外、町外在住者も可。定員は男女各10人。会費は男性3000円、女性1000円。申し込み先はJA佐波伊勢崎・営農支援課、(電)0270(27)3030。


 

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
*全文はHP青年部ニュースをご覧ください
[ http://www.ja-youth.jp/ ]
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・
お問い合わせ等はJA全青協HP [ http://www.ja-youth.jp/ ]
の「お問い合わせ」よりメールフォームへ必要事項を記入の上
送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスま
でご連絡ください)
seinen.s@zenchu‐ja.or.jp
================================================
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ 
メールニュース事務局  

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって