JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 431号 <発行 2013.12.3>
 

JA-YOUTHメールマガジン 431号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2013.12.3>

※全青協facebookページへの「いいね!」はこちらから!
https://www.facebook.com/ja.seinen

=========================================

[1]今週の青年部リーダー

〜JAならけん青壮年部 部長 松村容嘉〜

「つながる思い」

 JAならけん青壮年部長の「まっちゃん」こと松村です。

 青壮年部部長を務めて今年で8年目になり、全青協理事や監事も経験させていただきました。

 各都道府県の委員長様や全国農業協同組合中央会、国会議員、農林水産省の方々、その他大勢の方と知り合い交流させていただきました。

 仕事で忙しい時もありましたが、なんとか乗り越えてくることが出来たと思います。

 私は全青協が大好きです。

 皆さまも、2年、3年続けられると面白味を感じられると思います。

 仕事は一生続きますが、この組織は通過点だと思います。

 チャンスがあれば、どんどん出てもらいたいと思います。

 きっと、将来に繋がることと思います。

 来年1月16日、17日に奈良県で近畿地区JA青年大会を開催します。

 もし、機会があれば皆さまも見に来て下さい。



================================================

[2]各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】農商工で野菜宝船 三嶋大社に23日奉納 青壮年部と商工会青年部が連携/静岡・JA三島函南
(2013/11/17 社会12版)

 地域文化を受け継ぎ、伝える農商工連携を――。静岡県三島市の三島商工会議所青年部とJA三島函南青壮年部は23日、三嶋大社大祭の新嘗(にいなめ)祭へ、一緒に作った野菜宝船を奉納する。商工会議所青年部が船を造り、JA青壮年部が栽培したブランド「箱根西麓三島野菜」で飾り、同大社に寄進。メンバーらは事前に研修会を開いて歴史や文化、儀式を学び、奉納に備えている。新しい形の農商工連携が進みつつある。

 野菜宝船の奉納は昨年に続き、今年で2回目。話し合いの中で「今年はみそぎで心身を清めた上で奉納してはどうか」と意見が出た。そこで、儀式について知識を得ようと、同大社権禰宜(ごんねぎ)の近藤亘さんを講師に、社務所で研修会を開いた。商工会議所青年部23人と、JA青壮年部12人が出席。日本神話や宮中での新嘗祭、みそぎの意味と心構えなどを学んだ。


【2】地域とつながり大事に 多彩な活動アピール/岡山・JA阿新青壮年部
(2013/11/16 ワイド2中国四国)

 岡山県のJA阿新青壮年部は、多彩な催しで地域とのつながりを強めている。JAの農産物直売所で定期的にイベントを開いている他、秋には支所展示会に初めて参加し、野菜などを対面販売した。農業を担う若者のひたむきさや熱意に、住民からは「将来を背負って立つ後継者を応援したい」と支持が広がっている。

 組織や活動が見えにくいのがこれまでの課題だった。改善に向け、井藤孝久部長ら役員を中心に地域に顔を出し、住民と触れ合う機会を増やした。今年度の催しは、既に5回以上を数える。自分たちが登場するポスターで広報を始め、新規部員が増えるなど成果が見え始めている。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
*掲載記事全文はHP青年部ニュースをご覧ください
[ http://www.ja-youth.jp/news/ ]
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・
お問い合わせ等はJA全青協HP [ http://www.ja-youth.jp/ ]
の「お問い合わせ」よりメールフォームへ必要事項を記入の上
送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスま
でご連絡ください)
seinen.s@zenchu‐ja.or.jp
================================================
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ 
メールニュース事務局  

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって