JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 455号 <発行 2014.06.24>
 

JA-YOUTHメールマガジン 455号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2014.06.24>

※全青協facebookページへの「いいね!」はこちらから!
https://www.facebook.com/ja.seinen

=========================================

[1]今週の青年部リーダー

〜宮城県農協青年連盟 委員長 相澤 宏樹〜

「青年部愛〜いつからか好きになっていた〜」

 宮城県農協青年連盟委員長の相澤宏樹です。

 自分の青年部人生を振り返ると、学生時代から就農の準備をし、卒業後すぐ就農。同時に青年部にいつの間にか入部。当時の支部は同年代もいなく、すぐ上の先輩でも年の差が大きく、幼さの残るまま入部した私は組織活動の楽しさや青年部の良さを感じることは出来ませんでした。

 月日が経ち段々と自分にも後輩ができ、先輩の後ろをただ付いて行くだけだった私も気が付けば支部長。そしてご縁があって単組の委員長をさせて頂き現在に至ります。単組の委員長を経験した頃から自分の中で何かが変わるのを感じました。

 青年部は新規就農者から農作業の中心を担う農業者までと幅広い層の集まりで、青年部時代は今後の人生においても価値のある時期であり、学習活動や交流活動など多くの実践がこれからの農業人生に必要な経験を与えてくれます。

 更に、多くの出会いから生まれる新たな可能性を開くには自ら積極的に参加することが重要です。そのチャンスである組織活動はその内容の達成だけではなく盟友間の絆と信頼関係を強くします。

 青年部の盟友なら素直に悩みの相談や、自身の将来設計も真剣に語り合う事ができます。楽しい事ばかりでは無いですが私は青年部が大好きですし、これからも大切にしていきます。



================================================

[2]各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】タマネギ収穫14組の親子体験/富山・JAとなみ野青年部が企画
(2014/06/17 ワイド1北陸)

 JAとなみ野青年部は15日、砺波市林地区のタマネギ畑で、タマネギ収穫体験を開いた。砺波市、南砺市などから14組の親子約30人が参加し、昨秋定植が行われた中生品種「ターザン」の収穫に汗を流した。

 同JAが進めている婚活・恋来い企画の青年部版として募集した独身女性らも参加し、体験活動に協力した。


【2】食農教育にポリシーブック活用 役割分担明確に/JAあいち知多青年部大府地域 課題・解決法を共有
(2014/06/17 ワイド1東海)

 JAあいち知多青年部大府地域は、ポリシーブック(政策集)の作成を通して、食農教育活動を進めている。目的や運営上の課題と解決方法、役割分担を明確にし、部員間で共有。今後はマニュアルをつくるなど、活動内容の充実と効率化を目指す。5月下旬には大府市で、市立共長保育園の園児ら21人と田植え体験を行った。

 同青年部大府地域は、遊休農地の有効活用と、地域貢献活動を目指して2012年度から、地元での食農教育に取り組んでいる。12年度からポリシーブック作成を始めた。


−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
*掲載記事全文はHP青年部ニュースをご覧ください
[ http://www.ja-youth.jp/news/ ]
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・
お問い合わせ等はJA全青協HP [ http://www.ja-youth.jp/ ]
の「お問い合わせ」よりメールフォームへ必要事項を記入の上
送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスま
でご連絡ください)
seinen.s@zenchu‐ja.or.jp
================================================
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ 
メールニュース事務局  

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって