JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 476号 <発行 2014.11.18>
 

JA-YOUTHメールマガジン 476号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2014.11.18>

※全青協facebookページへの「いいね!」はこちらから!
https://www.facebook.com/ja.seinen

=========================================

[1]今週の青年部リーダー

〜兵庫県農協青壮年部協議会 委員長 尾栢 稔〜

「ありがとうございます」

 今年度、兵庫県青協の委員長をさせて頂き、「ありがとう」の気持ちで日々を過ごしております。

 役職に就き、改めて、地域や全国の盟友、JA役職員の皆様、多くの農業関係の皆様、消費者のお陰と分かりました。

 私は、電子部品関連の仕事と稲作との兼業農家でした。6年前、リーマンショック直後に会社が倒産。その後、専業農家に転身。人生の転機となりました。

 青壮年部に入り、地域や全国の盟友と交流するなどで、以前と全く違った喜びを感じています。

 今年の兵庫県青協は、多くの活動を行っております。

  • 地域の米を食べるかまど炊きイベント 直売所「たじまんま」(JAたじま)「兵庫県 おいしいごはんを食べよう県民運動」参画事業
    https://web.pref.hyogo.lg.jp/af02/af02_000000002.html
  • 「たべるをはじめる」への参画 兵庫県の若手農業4団体で結成。HP開設や甲子園大学での農家授業、収穫作業、調理実習など実施中
    http://taberu-hajimeru.com/
  • 第17回全国農業担い手サミットinひょうご 11月13日〜14日

 など 県内外の消費者、農業者と交流を行って貴重な時間を過ごしています。

 そして、本日11月18日は、全青協拡大合同会議に参加しているはずです。

 全青協では学ぶことが多く、いろんな経験をさせて頂いて、感謝しております。今回も、少しでも貢献できるように頑張りたいと思います。

 今、日本の農業は、厳しい状況にはありますが、今後、必ず大きく成長すると確信しております。なぜなら、素晴らしい、盟友をはじめとする、多くの農業関係者がいるからです。

 私が今、今後に向けて関心をもっている活動は、

  1. 食農教育
    一般消費者向けの米食推進、米食で健康増進、米の需要拡大
  2. 儲かる青年部
    儲かるところに人が集まる。即ち、参画JA数、盟友数の拡大に繋がる。
  3. 新規就農支援、技術情報共有
    農業技術、経営技術などの教育コンテンツをインターネット配信

 同じ関心を持っておられる方と、お話をしたいと思っております。

 〜目指そう農業立国ジャパン、すばらしい仲間と共に〜

  長文を読んでいただきありがとうございました。今後とも、よろしくお願い致します。

 

================================================

[2]各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】試食販売で特産PR 広がる生消交流の輪 /千葉県協同組合フェス
(2014/11/11 ワイド2首都圏)

 協同組合の輪を広げようと、千葉県の協同組合組織が7日、千葉市美浜区で協同組合フェスティバルを開いた。主催は県内のJAグループや漁協、森林組合、生協でつくる県協同組合提携推進協議会。展示や試食、イベントで県民と交流を深めながら、それぞれの協同組合組織の取り組みを紹介した。県民ら3万人が来場した。

 JAグループは、試食や即売などで新鮮・安全・安心な県産農畜産物をアピール。県農協青年部協議会は、東日本大震災募金活動「おこめ量っチャリティー」を実施した。同協議会の大土俊幸委員長は「日本の食を見直そう。米をもっと食べてほしい」と呼び掛けた。

【2】青壮年部が看板 地産地消訴える /JAならけん桜井しき・宇陀支部
(2014/11/07 ワイド1近畿)

 JAならけん青壮年部桜井しき・宇陀支部は4日、織田支店で地産地消を訴える看板を作製した。タイトルは「奈良の野菜を食べよう!」。支部管内で作っているトマトやナスなどの農産物を描き、黄色の目立つ字でスローガンを描いた。

 北島賢二支部長は「この看板で、食と農の大切さを地域住民にもアピールしていきたい」との思いを語った。完成した看板は、地域住民に目にとまりやすい場所に立てる予定だ。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
*掲載記事全文はHP青年部ニュースをご覧ください
[ http://www.ja-youth.jp/news/ ]
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・
お問い合わせ等はJA全青協HP [ http://www.ja-youth.jp/ ]
の「お問い合わせ」よりメールフォームへ必要事項を記入の上
送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスま
でご連絡ください)
seinen.s@zenchu‐ja.or.jp
================================================
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ 
メールニュース事務局  

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって