JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 502号 <発行 2015.08.18>
 

JA-YOUTHメールマガジン 502号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2015.08.18>

※全青協facebookページへの「いいね!」はこちらから!
https://www.facebook.com/ja.seinen

=========================================

[1]今週の青年部リーダー

〜全国農協青年組織協議会 理事 田中 弘樹〜

「貢献」

 農業を始めて感じるのは、様々な繋がりです。田畑で作業をすれば、自然と繋がっている事を感じ、仕事を教われば、時代を越えて伝承されてきた事を感じ、収穫した作物を通じて、地域の人々との繋がりを感じます。

 青年部に入ってから全国の盟友の皆さんとの繋がりを強く感じます。一人で困難な事もみんなとならできる。お互い助け合ったり、悩みを相談したり、他にはない繋がりを大切にしていきたいと思います。

 私の住む地域では、70代、80代の農業者が多くなってきました。既に、農業の縮小や、農地が荒れる現実が拡がりつつあり、

このままでは近い将来、地域全体の繋がりが希薄になるでしょう。

 農業が地域社会に果たす役割は大きく、今私たち青年農業者が数年先の農業や地域社会を見据え、魅力ある農業、再生産可能な農業を次代に引き継ぐ為、全国盟友とともに前進していきたいと思います。よろしくお願いします。




〜全国農協青年組織協議会 理事 原 智宏〜

「未来へ農業をつなごう」

 今年度、兵庫県農協青壮年部協議会委員長を務めさせていただいております、原智宏と申します。同時に、全国農協青年組織協議会の理事も務めさせていただいております。毎日非常に貴重な経験をさせていただいております。全国各地の盟友と共に、農業を持続可能な産業へと未来に残していくため、同じ思いをもって大役を務めていきたいと思っております。

 私は大学までサッカー漬けの毎日を送っておりました。父親の誘いを何となく受けて就農したのが15年前、その父親が亡くなったのが9年前、農業を家業から企業へと転換をはかろうとしました。そうはいってもそんなにうまくいくはずもなく、我慢の連続でした。若くして経営者の道を歩んでいくのに、青年部活動での先輩や仲間の励ましや、意見交換にどれほど支えられたかわかりません。今後もつながりを大切にした活動を行っていきます。

 委員長になって、様々な経験をさせていただいております。たくさんの出会いもさせていただいております。この培ったものを必ず地元、兵庫県、また日本の農業に貢献できればと思っております。これからも若い力でどんどん突き進んでいきましょう。



====================================================

[2]各地の青年部ニュース新着情報(日本農業新聞掲載記事より)

【1】新品目、PR果敢に 若手の新部会 /静岡 JA三島函南青壮年部 箱根西麓のうみんず(2015/08/14(金) ワイド2東海)

 JA三島函南青壮年部は、若手生産者6人で新組織を結成した。名前は「箱根西麓のうみんず」。平均年齢28歳だ。農家とJA職員が協力し、産地の今後を考える。これまで管内で生産されていなかった新品目に目を向けて栽培に取り組んだり、JA管内や県外のマルシェなどイベントに積極的に参加したりして、三島市のブランド「箱根西麓三島野菜」を中心とした農産物をPRしてきた。8月上旬に設立総会を開き、部会として正式に動きだした。

 結成のきっかけは、「タイニーシュシュ」と「ロメインレタス」の共販出荷に取り組んだこと。全く違う品目を栽培してきた6人全員の、共通の作物となった。

 …

【2】産直市場で婚活催し 初の島外女性限定 /JAごとう青年部 (2015/08/12(水) ワイド2北九州)

 JAごとう青年部は1日、五島市籠渕町の産直市場「五島がうまい」で婚活イベント「FARMERS PARTY IN 五島」を開いた。イベントは3回目。初の取り組みとして、島外居住の女性を対象として開いた。同青年部員14人、女性12人が参加し、2組のカップルが成立した。

 寺脇政善青年部長は「堅苦しくならず積極的に会話して、今後につないでもらいたい」とあいさつ。同直売所で五島産食材を使った昼食を堪能した後、宮崎鍛冶屋(岐宿町)で鍛冶体験や絶景の高浜(三井楽町)観光、(株)五島パプリカ(吉田町)での収穫体験、夕食交流会を通して楽しいひとときを過ごした。

 …

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
*掲載記事全文はHP青年部ニュースをご覧ください
[ http://www.ja-youth.jp/news/ ]
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・
お問い合わせ等はJA全青協HP [ http://www.ja-youth.jp/ ]
の「お問い合わせ」よりメールフォームへ必要事項を記入の上
送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスま
でご連絡ください)
seinen.s@zenchu‐ja.or.jp
================================================
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ 
メールニュース事務局  

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって