JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 537号 <発行 2016.6.15>
 

JA-YOUTHメールマガジン 537号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2016.6.15>

※全青協facebookページへの「いいね!」はこちらから!
https://www.facebook.com/ja.seinen

=========================================

[1]今週の青年部リーダー

〜全国農協青年組織協議会 会長 善積 智晃〜

「魅力ある農業を明日へつなぐ」

 H28年度は全青協中期活動目標(H26〜28年度)の最終年度であり、確実な達成に向けて取り組む所存です。

1つめの「次世代農政運動の確立」については、ポリシーブックを中心とした運動展開です。

既存の政策や政治的動向に左右されない、農業者主導の自立的な取り組みを確立する為、さらなるポリシーブックの取り組みを進めます。本年度は新たな活動として、全国6単組に作成支援を行い、その中で組織活性化や個々のスキルアップにつなげられる取り組みを目指します。

2つめの「将来のJA経営参画に向けた人材育成」については、JAの自己改革で青年農業者への期待や役割を担っていけるよう、研修会や経営セミナーを行うと同時に、地上・農業新聞等に人材育成に資する情報掲載の働きかけを行います。

3つめの「組織強化・経営力向上に向けた取り組み」については、JA青年組織の潜在力を引き出せるよう、全国の活動等を共有し、組織数・盟友数の増加を実現した組織に表彰を行い活性化並びに強化につなげていきたいと考えています。 また、JA全国連等との連携を強化し、盟友の経営力向上をはかれるよう、情報交換も積極的に行います。

全青協は組織強化をはかる為、H28年度より副会長を2名体制にしました。ポリシーブックの取り組みをさらに進めるとともに、私達の農業に対する想いや青年部活動等をPRし、国民に対して理解促進につなげる為に情報発信を行い、今まで以上に広報活動に力を入れていきたいと考えています。

魅力ある農業を明日へつなぐ為、職を全うしますので、ともに頑張りましょう。

一年間宜しくお願い致します。




====================================================

[2]各地の青年部ニュース新着情報

【1】地震乗り越え元気に B&Wショウ開催/熊本・旭志乳牛改良同志会と酪農青年部
(2016/06/09(木) 日本農業新聞 ワイド1九州)

  【熊本・菊池】JA菊池旭志中央支所管内の酪農家でつくる旭志乳牛改良同志会と旭志酪農青年部は、第34回B&WショウをJA畜産センターで開いた。グランドチャンピオンに森浩一郎さん、リザーブチャンピオンに永田大貴さんの乳牛が選ばれた。震災後初めて皆で集い、元気と笑顔を取り戻した。

 …

【2】小学生招き 農業体験学習/JA北いしかり青年部厚田地区
(2016/06/04(土) 日本農業新聞 ワイド2北海道)

 【北いしかり】石狩管内JA北いしかりの青年部西当別ブロック厚田地区は5月30日、石狩市立聚富小中学校の小学生2、4年生の6人を青年部員の水田に招き、農業体験学習を行った。

 …

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
*掲載記事全文はHP青年部ニュースをご覧ください
[ http://www.ja-youth.jp/news/ ]
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・
お問い合わせ等はJA全青協HP [ http://www.ja-youth.jp/ ]
の「お問い合わせ」よりメールフォームへ必要事項を記入の上
送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスま
でご連絡ください)
seinen.s@zenchu‐ja.or.jp
================================================
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ 
メールニュース事務局  

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって