JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 539号 <発行 2016.6.30>
 

JA-YOUTHメールマガジン 539号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2016.6.30>

※全青協facebookページへの「いいね!」はこちらから!
https://www.facebook.com/ja.seinen

====================================================

[1]各地の青年部ニュース新着情報

【1】地元の食材見直そう 農政局でランチ提供 /JA岡山青壮年部南支部
(2016/06/24(金) 日本農業新聞 ワイド2中国)

 JA岡山青壮年部南支部は、20〜22の3日間、岡山市の中国四国農政局の食堂メニューに使う食材として、支部員が作った野菜を提供した。6月の「食育月間」に合わせて地元食材の価値を見直そうという試みで、ランチ「タレカツ丼野菜天添え」はすぐに完売した。

 メニューには、玉野地区のキャベツ、灘崎地区のナス、トマト、キュウリ、オクラ、牧石・牟佐地区の黄ニラ、藤田地区のタマネギを使用。サラダバーの野菜も岡山市産を使った。

 …

【2】挑戦そして前進 肥育牛早期出荷 手応え  可能性追求試食で確認 経営のヒントに /JA菊池青壮年部 旭志支部肉牛青年部
(2016/06/24(金)  日本農業新聞 ワイド2南九州)

 熊本県のJA菊池青壮年部旭志支部肉牛青年部は、肥育技術の確認と早期出荷の可能性を追求するチャレンジを進め、「自ら経営を考え、所得向上を目指し、自立しよう」を合言葉に始めた研究の確認会を行った。通常27カ月齢で出荷する交雑種牛を22カ月齢で出荷することで、費用削減や出荷回転率向上につながるかを研究中で、今回は食味について話し合った。

 2015年度にJA青壮年部が初めて開いた「チャレンジ事業コンペティション大会」で発表し、最優秀賞を受賞した。その成果の確認と今後の取り組みを進めるために開いた。JA役員や地区担当理事、青壮年部ら関係者を招き、食べ比べをして食味を確認した。

 …

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
*掲載記事全文はHP青年部ニュースをご覧ください
[ http://www.ja-youth.jp/news/ ]
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・
お問い合わせ等はJA全青協HP [ http://www.ja-youth.jp/ ]
の「お問い合わせ」よりメールフォームへ必要事項を記入の上
送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスま
でご連絡ください)
seinen.s@zenchu‐ja.or.jp
================================================
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ 
メールニュース事務局  

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって