JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 549号 <発行 2016.9.6>
 

JA-YOUTHメールマガジン 549号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2016.9.6>

※全青協facebookページへの「いいね!」はこちらから!
https://www.facebook.com/ja.seinen

[1]今週の青年部リーダー

〜島根県農協青年組織協議会 会長 佐々木 貴裕〜

「日本の農業のファンづくり」

 島根県農協青年組織協議会会長の佐々木貴裕です。

 会長職も今年で2年目となり、今年度から全国農協青年組織協議会の理事をやらせていただいております。

 さて、島根県農協青年組織協議会が所属する中国・四国農協青壮年組織協議会は9月1日に、広島県広島市にあるマツダズームズームスタジアムにおいて、「よい食統一活動」として青年組織盟友の農産物等の無償配布を行いました。

 この活動は長年行っているもので、青年組織盟友の作った農産物や加工品を消費者に食べてもらい日本農業のファンになってもらうことを目的としています。

 当日は本当にたくさんの人が集まり、暑い中でしたが、中四国の委員長や盟友のみんなで多くの方に「日本農業」をPRできました。

 これから収穫の秋に入っていきますが、季節の変わり目、お互いに体調には気を付けて頑張りましょう!(塩分大事)




====================================================

[1]各地の青年部ニュース新着情報

【1】東京の児童 農業満喫 青年部ら支援 /山形県飯豊町と杉並区交流プロジェクト (2016/08/27(土) 日本農業新聞 ワイド2東北)

 飯豊町と東京都杉並区立杉並第四小学校は19日までの3日間、総務省が進める「子ども農山漁村交流プロジェクト」の一環で、町内で農業・農村体験会を開いた。同校の小学3〜6年生16人と引率者3人が訪れ、キャベツやブロッコリー、ダイコン、カブの種まきや苗の定植作業を体験した。町や観光協会職員ら3人とJA山形おきたま青年部員4人、山形大学の学生ボランティア3人とともに、(株)緑のふるさと公社が管理する体験農場約10アールで作業をした。

 農作業の他、ヤマメのつかみ捕りや川遊びなどの自然体験や餅つき、ソバ打ちなども体験。町内の農家民宿に泊まった。

 …

【2】育てたエダマメ 親子で収穫体験/JA福井市青壮年部 (2016/08/28(日) 日本農業新聞 エリア北陸)

 JA福井市青壮年部は21日、一般消費者向けのイベントを中藤島支店管内の圃場(ほじょう)で開いた。エダマメを育てて収穫し、加工までを体験する企画。親子連れをはじめ約50人が参加して、6月に播種(はしゅ)したエダマメを収穫した。

 JA青壮年部の安実靖司副部長がエダマメの収穫方法を説明。軍手を着けて40センチほどに育ったエダマメを力いっぱい引き、汗を流した。その後、安実農場へ移動。豆の入ったさやを丁寧に取り除いた。

 …

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
*掲載記事全文はHP青年部ニュースをご覧ください
[ http://www.ja-youth.jp/news/ ]
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・
お問い合わせ等はJA全青協HP [ http://www.ja-youth.jp/ ]
の「お問い合わせ」よりメールフォームへ必要事項を記入の上
送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスま
でご連絡ください)
seinen.s@zenchu‐ja.or.jp
================================================
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ 
メールニュース事務局  

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって