JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 575号 <発行 2017.3.14>
 

JA-YOUTHメールマガジン 575号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2017.3.14>

※全青協facebookページへの「いいね!」はこちらから!
https://www.facebook.com/ja.seinen

====================================================

[1]各地の青年部ニュース新着情報

【1】支持される存在に/JA鳥取県青壮年連盟
(2017/03/07(火) 日本農業新聞 ワイド1中国四国)

JA鳥取県青壮年連盟は6日、倉吉市で第63回通常総会を開いた。西尾祥幸委員長は「JAグループ鳥取の組織、活動を組合員に理解してもらい、若手農業者の意見も取り入れ、農家を支え、支持される存在になってほしい。これが真の自己改革につながる」と呼び掛けた。2017年度役員体制は、委員長の西尾祥幸さん、副委員長の語堂正範さん、潮隆博さんが続投する。

JA鳥取県中央会の高見俊雄会長は、農業を取り巻く厳しい環境について述べた上で「農協改革については外から提案される必要はない。協同組合は自主・自立の組織。自ら改革に取り組んでいく。青壮年部員の若い力に期待している。次世代農業の原動力となるよう切望する」と激励した。

 …

【2】児童が野菜料理一緒に収穫祝う/高知・JA土佐あき青壮年部吉良川支部
(2017/03/10(金) 日本農業新聞 ワイド2四国)

JA土佐あき青壮年部吉良川支部は7日、室戸市立吉良川小学校で1、2年生の児童23人と、児童の手作り料理を囲みながら交流を深めた。支部は毎年、食育活動の一環で同校の児童に種まきから収穫まで指導している。

児童は、1月に部員と一緒に収穫したニンジンやジャガイモでカレーを作った。ダイコンの漬物も部員の指導で児童が手作りした。児童は「自分で育てた野菜だから、いつもよりおいしい」と喜んでいた。

 …

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
*掲載記事全文はHP青年部ニュースをご覧ください
[ http://www.ja-youth.jp/news/ ]
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・
お問い合わせ等はJA全青協HP [ http://www.ja-youth.jp/ ]
の「お問い合わせ」よりメールフォームへ必要事項を記入の上
送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスま
でご連絡ください)
seinen.s@zenchu‐ja.or.jp
================================================
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ 
メールニュース事務局

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって