JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
メールマガジン
バックナンバー
[ メールマガジンTOPへ]
JA-YOUTHメールマガジン 579号 <発行 2017.4.11>
 

JA-YOUTHメールマガジン 579号
[ http://www.ja-youth.jp/ ] <発行 2017.4.11>

※全青協facebookページへの「いいね!」はこちらから!
https://www.facebook.com/ja.seinen

[1]今週の青年部リーダー

〜佐賀県農協青年部協議会 委員長 片渕 大輔〜

 「出会いと別れの季節に、感謝を」

佐賀県農協青年部協議会 委員長の片渕 大輔です。

時が経つのは早いもので、あっという間に1年間が過ぎました。

平成28年度は、県青協執行部が総入れ替えとなり、全員が新任だからこそ、自分たちの色を出すべく、青年部活動に取り組んできました。

1年間、県内の研修会・大会での盟友との交流や九州沖縄ブロック委員長、盟友の皆さん、全国青年組織の委員長との触れ合いを通して、自分自身の成長はもとより、県青協の役員全員でスキルアップができたのではないかと感じています。

平成29年度も委員長を再任させていただき、新たな役員体制で青年部活動の活性化に向けて取り組んでいく所存です。青年部活動は、盟友一人一人の協力が欠かせません。JA佐賀県青協役員一同、お互いに無い物を補いつつ、全員で協力して活動を盛り上げていきます!

サクラ咲く出会いと別れの季節、新たな仲間との出会いと、これまでの仲間との絶えぬ絆に、感謝!

====================================================

[2]各地の青年部ニュース新着情報

【1】次世代ハウスに学ぶ/高知・JA南国市青壮年部
(2017/04/01(土) 日本農業新聞 ワイド2四国)

高知県のJA南国市青壮年部は3月下旬、南国市上野田に1月に完成した次世代型園芸ハウスを視察した。部員約10人が参加して先進技術を学んだ。青壮年部は毎年、農業資材や栽培技術などの勉強会を開き、情報を共有している。

部員は、ハウスを運営する同JA出資農業生産法人・南国スタイルの職員の説明を受け、養液供給装置や複合環境制御装置端末、二酸化炭素(CO2)発生装置などの設備を見学した。苗の生育具合も確認し、「いつから収穫可能か」「養液を供給した後の回収した排液は、どう再利用されるのか」などと質問した。

 …

【2】チェーンソー安全な操作学ぶ/JA山口中央青壮年連盟
(2017/04/05(水) 日本農業新聞 ワイド2中国四国)

JA山口中央青壮年連盟はこのほど2日間、山口市の本所で担い手農家や法人を対象に特別教育・安全衛生講習会を開き、伐木作業(チェーンソー)を学科と実技を通じて学んだ。

両日に9人が受講。キャタピラー教習所から講師を招き、学科では伐木作業の注意事項、チェーンソーの構造、点検方法、2日目の実技では整備方法や立ち木、倒木などの作業手順を学んだ。

 …

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
*掲載記事全文はHP青年部ニュースをご覧ください
[ http://www.ja-youth.jp/news/ ]
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
*このメールマガジンの新規購読・配信先変更・配信停止・
お問い合わせ等はJA全青協HP [ http://www.ja-youth.jp/ ]
の「お問い合わせ」よりメールフォームへ必要事項を記入の上
送信してください。
(※ケータイで受信されている方は、以下のメールアドレスま
でご連絡ください)
seinen.s@zenchu‐ja.or.jp
================================================
発行 JA全青協事務局 *掲載記事の無断転載を禁じます
配信 日本農業新聞事業開発部eメディアグループ 
メールニュース事務局

 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって