JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
宮城の惨状を直視/全国の青年部員、支援誓う (2011/08/24 JA)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 【宮城】北は秋田から南は大分まで、全国の農協青年部員ら約30人が23日、東日本大震災で甚大な被害を受けたJA仙台とJAみやぎ亘理管内を視察。宮城県農協青年連盟のメンバーら約20人と意見交換した。

 地区の集団移転も検討されている仙台市若林区荒浜地区では、津波で地面がえぐられた水田や雑草が生い茂る、荒涼とした耕地を視察。作付面積の95%が全滅した東北一のイチゴ産地、JAみやぎ亘理管内では、流出したイチゴのパイプハウス跡や、大きな被害を受けたイチゴの集中選果場などを見て回り、津波の被害の大きさにあらためて驚いていた。

 JA全国青年組織協議会の牟田天平会長は「被害を目の当たりにして、自然の脅威を感じた。1日でも早く復興できるよう青年部として力を合わせてやっていきたい」と語った。

[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって