JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
放棄地で栽培 ソバを収穫/長野・JA中野市青年部
(2011/11/12 ワイド1信越)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 【長野・中野市】JA中野市青年部は今年度、遊休荒廃農地の利活用を目的に、市内6カ所の圃場(ほじょう)約1.7ヘクタールでソバを栽培している。このほど同市産業公社に委託し、大型コンバインで約690キロを収穫した。
 
 ソバ栽培は2004年からスタート。同市厚貝の圃場では毎年、長丘小学校の3年生と種を一緒にまくなど、活動を共にしている。
 
 今年も児童が自ら栽培したソバを使い、そば打ち体験を計画。同青年部の永沢誠一委員長は「荒廃農地が年々増えている。地域が荒れる姿を食い止めるため、食農教育を実践しながら荒廃地の解消に努めていきたい」と話していた。


[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって