JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
相互協力強化を確認 青年部・JA常勤役員意見交換会/JA尾張中央      
(2012/01/20 県版愛知)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 【尾張中央】JA尾張中央と同青年部会はこのほど、小牧市高根のJA本店で組合長や常勤役員を交えた意見交換会を初めて開いた。JA役職員、青年部会員ら26人が出席。青年部組織の活性化や休耕農地の集約化、農業活性化に向けたJAの取り組みを中心に意見を交わした。

 青年部は13の意見や要望を伝えた。山田利宏部会長が「出荷用包装資材に、人気があるJAのキャラクター使用を認めてほしい」「青年部が取り組む新たな特産物作りに、JAも協力してほしい」などと要請した。

 常勤役員は、担い手育成のための農地集積と営農経営支援の強化や、所得向上に向け新たなファーマーズマーケットの立ち上げなどについて意見を述べた。安藤茂市組合長は「農業を核として地域社会の活性化をはかるためにも、今回の意見を中期計画に盛り込んでいきたい」と話した。

 同青年部は将来を担う農業青年の力を集結し、地域農業の発展を目標に2009年12月、県内13番目の青年部として発足。会員は17人から24人に増え、各地区で開かれる農業祭などイベントに参加して管内・県内農産物のPRに努めている。

[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって