JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
気象を学んで菊栽培に生かす/JAふくおか八女経営研修会      
(2012/02/08 ワイド2北九州)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 【ふくおか八女】JAふくおか八女電照菊部会青年部は、農作業や農業経営に関わりが深い気象を学び、今後の菊栽培に生かそうと、八女市のJA八女西支店会議室で経営研修会を開いた。

 部員35人が参加。気象予報士の岸真弓氏を講師に「気象と農業」と題し、地球の模型や福岡県の過去100年の気温を表したグラフで、地球温暖化が進んでいることや農産物に及ぼす影響について学んだ。

 部員は、熱心に講義を受け、「気象予報士が『広範囲』や『ところにより』と表現した場合の雨の範囲や強さはどの程度なのか」など次々に質問。講師の岸さんは「天気予報を常に確認し、気象予報士の言葉や表現をじっくり聞いてほしい。気象の変化を読み取ることは農作業の強い力になる」と話した。

[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって