JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
放棄田にトウガラシ 四業連携で定植/富山・JAみな穂青壮年部など (2012/06/01 ワイド2近畿)
 
  [ 青年部ニュースTOPへ ]
 
 

 【富山・みな穂】JAみな穂青壮年部、入善町商工会青年部、入善高校は5月25日、同町舟見地区の再生放棄田でトウガラシ苗を定植した。農業・商業・工業・学業の四業連携は昨年に続き2回目で、トウガラシはご当地ラーメンの「入善レッドラーメン」の原材料として利用する。

 JA青壮年部員、同商工会青年部員、入善高校農業科2年生合わせて約60人が参加し、約20アールにトウガラシ「げきから」1500本を植えた。

 同商工会青年部有志が立ち上げた「善商」が昨年開発した「入善レッドラーメン」は、麺にトウガラシを練りこむ辛口ラーメン。昨年4種のトウガラシを使って試作したところ「げきから」で作ったラーメンが一番香りが良かったという。

 同地区の畑は山沿いに位置し、鳥獣害が多く耕作放棄地となっていた。昨年、JA青壮年部が再生しソバの栽培を始め、忌避作物として畑山側にトウガラシ400本を植えた。これに商工会、入善高校も参加した。


[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって