JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
牛も持ち込み食育授業 食学生が触れ合い/JA摩周湖青年部 (2012/10/09 ワイド1北海道)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 釧路管内弟子屈町のJA摩周湖青年部は5日、同町立弟子屈小学校で食育授業を開いた。同青年部では毎年、食育事業を行っているが、今回は初めて小学校に牛を引き連れての授業。初めて牛に触れる児童もおり「餌はどのくらい食べるの」などと、青年部員に活発に質問を投げ掛けていた。

 5年生の50人が参加し、青年部8人らが指導に当たった。青年部員がこの日連れてきた牛はホルスタインやジャージー種など4頭。ふん尿の散乱を防ぐためにビニールシートの上に牛をつないだり、児童らにビニール製の手袋をしてもらうなど、伝染病予防などに準備万端で指導した。

 青年部員は「牛はおとなしいけれど、大きな声や急に触ると驚いて暴れるので注意してね」などと児童らにアドバイス。児童らは「体が温かい」「かわいい」などと触れ合いを楽しんだ。

 また、児童からは青年部員に次々に質問が寄せられ「牛乳の味は牛によって違うの」などとの問いに、部員らが丁寧に回答していた。

 この他にも、部員らは地元で生産している作物も持ち込んだ。児童らはいくつかのグループに分かれ、3メートルほどに伸びた飼料用トウモロコシやてん菜などを実際に見て学んだ。

[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって