JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
保育園で食育 遊休農地解消も/JAみなみ信州青年部鼎支部が事例発表 (2013/01/22 ワイド1信越)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 【みなみ信州】JAみなみ信州青年部鼎支部は、このほど開かれた2012年度飯伊農業者活動成果発表会で「畑の先生がやれること」と題して活動発表した。保育園での食育事業や飯田商工会議所青年部と連携した遊休農地でのもち米作りが評価され、来月8日の「明日の長野県農業を担う若人のつどい」(東御市)で飯田下伊那地域代表として事例発表することが決まった。

 発表会は下伊那農業改良普及センターとJAみなみ信州青年部、下伊那地区就農促進協議会が主催し、県飯田消費生活センター(飯田市追手町)で開かれた。若手農業者やJA、行政関係者ら70人が参加し、農業経営の課題を解決するプロジェクト活動の報告や、農業に対する意見発表を行った。

 JAみなみ信州青年部鼎支部は、関島和幸さん(36)が、活動の様子をスライドを交えながら発表。「子どもたちに畑の先生と呼ばれることがとてもうれしい。子どもたちにいろんな経験や思い出、夢を与えて、地域を元気にしたい」と語った。



[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって