JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
食と農業を守ろう TPP交渉参加反対 パレードで怒りの訴え/8県青年組織が街宣 (2013/06/16  エリア九州)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 九州・沖縄8県のJA青年組織は15日、各県で街宣活動を展開し、政府の環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に反対を訴えた。全国農協青年組織協議会(JA全青協)の呼び掛けに応えた全国一斉の行動で、市街地でちらしやパンフレットを配布した他、街宣パレードなども実施。

 「今こそ考えようTPPのこと」をテーマに、TPP反対だけでなく、TPPが国民生活に与える影響や、安心・安全な国産農畜産物を供給することの意義を呼び掛けた。JA中央会や女性協なども街宣活動に参加した。

福岡  

 福岡県農協青年部協議会(JA福岡県青協)は15日、福岡市の博多駅と天神周辺で街宣活動を行った。JA青年部員、JA女性部員、JA役職員ら約70人が参加。幅広い年齢層に、TPP参加で想定される懸念などを詳しく記したちらしと八女茶4000セットを配布。足を止めちらしを受け取る人や、説明を聞く人の姿も見られた。

 JA福岡中央会の松尾照和会長、JA福岡県女性協議会の石山惠美子会長らも参加し、JAグループが連携した取り組みとなった。

 JA福岡県青協の白水信和委員長は「TPPは国民生活に直結する重大な問題であることを多くの人に知ってもらいたい」と力強く語った。

佐賀   

 佐賀県内のJA青年部は15日、TPP断固反対へ向け県内各地で一斉に街宣活動を行った。

 県内11地区の青年部が先頭に立ち、女性部やJA職員などと連携。地域住民へちらしや県産の農畜産物、ジュースなどの配布や、TPP反対を訴えるのぼりを掲げてリレーでつなぐなど、汗水流して地域住民にTPPへの理解を求めた。「TPP反対」だけを訴えるのではなく、TPPが私たちの暮らしに与える影響について訴えかけていた。

 県農協青年部協議会の光吉康博委員長は「あいにくの雨だが、負けることなくTPPについて県民に伝えたい」と話した。

長崎

長崎県内のJA青年組織と女性部、JA役職員は15日、県内24カ所で、250人が参加した街頭宣伝活動を行った。

 長崎県農協青年部協議会とJA長崎県女性組織協議会の役員ら40人は、浜の町アーケードなど長崎市内3カ所で「今こそ考えようTPP」のパンフレットを配りながら、長崎市民にTPP参加反対を呼び掛けた。

 県青協の清水祐樹委員長は、「長崎県は多くの離島を抱え、青年部の盟友もそこで生業を続けている。TPP参加で過疎化が進み、農業だけでなく生活ができなくなる。JA青年部は、支部組織から地域を守る観点でのTPP参加に反対する取組みを作っていきたい」と語った。

熊本

熊本県では、トラクター6台が加わったTPP断固反対の街頭パレードを熊本市内で行った。県青協、JA熊本県女性協、JA・連合会役職員460人が参加し、街宣活動で断固反対の怒りの声を上げ、県民にアピールした。

 JA阿蘇の犬飼忠綱青壮年部長は「TPP参加は壊国への道だ」と決意し、繁華街にトラクターを繰り出した。「日本の食卓を守ろう」とのぼりを掲げて、梅雨空にエンジン音を響かせた。

 集会では「不退転の決意で、TPPに断固反対する」と決意表明し、参加者はプラカードを手にして「食の安全・安心を守ろう」と声を張り上げ、県民に理解を求めた。

大分

大分県TPP交渉参加阻止共闘会議は15日、大分市内でTPP交渉参加反対を訴える街頭宣伝活動を行った。JAグループ・農林漁業団体・青年・女性組織が一丸となり市民への理解を求めた。

 TPPへの理解を訴えるちらしや県産のニラ、みかんジュース、牛乳、いりこなどを600人に配布。「大分の農林水産業を守っていくためTPP交渉参加断固反対運動にご協力をお願いします」と呼び掛けた。

 TPPに関する街頭アンケートを募り、市民からは「TPP交渉参加にメリットを感じない」「まだよく分からない」などの意見が寄せられた。

宮崎

宮崎県内13JA青年部と女性部約300人は15日、JAと連携して県内各地で県民にTPPの危険性を訴えた。地元市街地や直売所など28カ所で「食の安全、農業・自給率、医療、ISD」を内容とするちらし7000枚を配った。

 「TPPは私たちの生活を壊しかねない」「食の安全や医療にも影響がある」と訴え、通行人からは「知らなかった」「怖い」などの声が聞かれた。

 JA宮崎県農協青年組織協議会の甲斐淳一委員長は「私たちは農業を続けたいだけ。情勢は厳しいが、あきらめずに訴え続けたい。最後まで断固反対だ。日本中の青年部が反対する意義は大きい」と街宣活動にかける意気込みを話した。

鹿児島   

 鹿児島では、県内全域でJA青年部を中心に街宣活動に燃えた。

 鹿児島市の繁華街・天文館や県内各JAのAコープ店前などを拠点に、JA青年部員・女性部員やJA県連職員、JA職員、賛同する漁連や森林組合、県酪農協、商工会など約350人が参加した。

 このうち約40人は4カ所に分かれ、のぼりなど持って繰り出した鹿児島市の繁華街では、TPP反対のちらしを配布したり、往来の市民らに街頭宣伝したりした。通りかかった市内の主婦、田中公子さん(61)は「食の安心・安全のために頑張ってください」と、エールを送っていた。

沖縄   

 JAおきなわ青壮年部と女性部は15日、県内全ファーマーズマーケットとAコープ久米島店で、TPP交渉参加反対の街宣活動を行った。部員ら250人が参加し、沖縄県産黒糖と一緒に、TPP反対への協力と理解を呼び掛けるちらしを配った。

 豊見城市のJAおきなわ食菜館「菜々色畑」には、青壮年部員と女性部員計20人が集結。県青壮年部の真境名一夫副委員長は「TPPは決して農業だけの問題ではない。先の世代にまで関わる問題だ。守るべきは守っていく」と意気込みを語った。県女性部の宮里由美子副会長も「TPPは食や医療などの安全性も脅かす問題だ」と来店客に呼び掛けた。



[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって