JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
南東北3県青年部員が集合 田んぼの生きもの再認識 第一人者宇根氏招く 豊かさに驚き/福島県大玉村 (2013/07/27 社会面)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 宮城、山形、福島のJA青年部組織が26日、福島県内で田んぼの学校研修会を合同で開いた。福岡県糸島市在住で農と自然の研究所代表の宇根豊さん(63)を講師に、3県から50人の青年部員が座学と実地の両面から、豊かな水田の自然を調べ、伝えるすべを学んだ。

「これがなんだか分かりますかー」

 講師の宇根さんが、水田で捕まえた生きものを掲げ大声で叫ぶと、青年部員が不思議そうな顔をしてのぞき込む。この日は地元JAみちのく安達の青年部委員長、大玉村大山の国分豊さん(58)の水田60アールで生きものを調べた。

 参加者の大半は農家だが、生きもの調査を初めて行う人が多く、見るからに手際が悪い。最初のうちは小さなトビムシなどを見付けることができない。宇根さんやJA全農の職員が飛び回り、こつを教えた。一つ一つの生きものを取り上げ、宇根さんが丁寧に解説する。その際に必ず名前を覚えるように参加者に呼び掛けた。

 宇根さんは、生きもの調査で昆虫や動物、植物の名前を覚えることで「家庭や地域で会話が豊かになる。見慣れた田んぼでも見方が変わり、百姓仕事が楽しく豊かになる」と説明。消費者や子どもに水田の大切さを知ってもらうだけではなく、農家自身が楽しみながら成長できると説いた。

 調査を終え、国分さんは「普段は全く眼中になかったが、自分の田んぼにこれほど生きものがいることに驚いた」と興奮気味に話す。

 福島県内のJA青年部は、かつて県内40カ所で田んぼの学校を行うなど、全国トップクラスの調査活動を誇っていた。7年前に宇根さんが県内で行った研修会がきっかけだった。ところが、2011年3月の東京電力福島第1原子力発電所事故で活動は低調になった。「南東北の青年部が協力し、もう一度水田の生きもの調査を盛り上げようと宇根さんを招いて開いた」とJA福島県青年連盟の長田信夫委員長は説明する。

 研修会はJA全農が共催した。南東北3県のJA青年部組織は、研修会で学んだ手法を基に、各地で田んぼの学校を開いていく。



[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって