JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
児童に農への関心を 看板描いた小学校に感謝状/栃木・JAなすの黒磯青年部 (2013/09/26 ワイド1北関東)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 【栃木・なすの】JAなすの黒磯青年部と地元小学生の描いた看板が、JA東那須野支店駐車場に飾られている。地域農産物の消費拡大と、子どもたちに農産物に目を向けてもらおうと設置されたもので、来店客の注目を浴びている。

 看板作りは毎年、旧黒磯地区の小学校に依頼しており、今年は寺子小学校が担当した。30人の児童が「食」と「農」をテーマに絵を描き、その中から青年部員が看板に描く絵を選んだ。看板の大きさは縦2.7メートル、横2.7メートルのコンパネ2枚に「なかよし うしさん」と「美味(おい)しい野菜をありがとう」を描いた。

 10日には、児童を同支店に招いて記念撮影を行った後、感謝状を贈った。看板を見た児童らは、その大きさに自分の背丈と比べたり、「かわいい」などと歓声を上げたりして喜んでいた。

 絵が看板に採用され、青年部から感謝状を贈られた沼井麻弥さん(8)は「恥ずかしいようなうれしいような不思議な気持ち」と、はにかみながら答えていた。

 大田原真人青年部長は「線や色を作るのが大変だったが、子どもらしさにこだわって、原画を忠実に再現できてよかった。みんなと協力して作業できたことが楽しく、『食』や『農』を考えてくれるきっかけになったのでは。これを機に、普段食べている農畜産物に興味を持ってもらえるとうれしい」と話す。

 看板は、暗くなってからでも多くの人に見てもらえるように、昨年からライトを取り付け、日が暮れると自動でライトアップされるようになった。

 看板は来年7月末まで設置する予定。児童が描いた絵は、JA鍋掛出張所内に飾られる。



[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって