JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
外部との連携課題 負担増で継続不安視/全青協 食農教育で調査 (2013/11/05 JA)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 全国農協青年組織協議会(JA全青協)食農部会は、食農教育活動の課題を調べるため、全国のJA青年組織を対象にアンケートを初めて行った。課題で挙がったのは、行政や消費者団体など外部団体との連携(28%)が最も多く、JAとの協力(13%)、青年組織以外の組合員の協力(13%)が続いた。同部会は来年2月、消費者団体と意見交換会を開き、消費者が期待する食農教育を把握し、ポリシーブック(政策集)に反映させる考えだ。

 アンケートは7〜9月に行い、31都府県198組織から回答を得た。

 青年部員の減少や労力・予算の負担増で、食農教育の継続を不安視する回答が多かった。「部員の中でも限られた人数での活動になってしまう」と答える組織もあり、活動のマンネリ化の解消なども課題に挙がった。

 また、予算面を課題に挙げた組織は、行政・JAとの連携も課題に挙げる事例が多く、青年部単独での予算確保が難しいことが浮き彫りになった。

 同部会は対策の第一歩として、来年2月の会合を開く際、消費者団体との意見交換会を計画する。青年部員と同世代の消費者から意見を聞き、食農教育活動につなげる。



[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって