JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
青年部が食育 児童搾乳体験/栃木・JAなすの (2014/11/15 ワイド2北関東)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 子どもたちに地元の農畜産物と食の大切さを知ってもらおうと、JAなすの青年部塩那支部と酪農とちぎ青年部はこのほど、那須塩原市立関谷小学校で食育体験学習を行った。

 2年生23人と担任教師、青年部員約20人が参加し、乳搾りと生まれたばかりの子牛と触れ合った。

 乳搾りは搾乳体験車を使用。JA青年部塩那支部の長島正範支部長が「牛は音に敏感なので大声を出さない」「人さし指から小指まで順番に、上から下に握る」などとアドバイス。児童らは次々に乳搾りを体験した。桑野琉詩英さん(7)は「牛のおっぱいが温かかった」と話し、弓座琉太君(8)は「乳搾りは初めてで、楽しかった」と笑顔を見せた。

 牛の生態についても学んだ。1日で牛1頭から何リットル牛乳が搾れるのか、体の中でどのように牛乳になるか説明を受けた。児童らは「餌は何をあげてるの」「体重はどのくらいあるの」「子牛はどのくらいの長さがあるの」などと、活発に質問した。

 長島支部長は「搾乳体験だけでなく、普段食べてる作物にも興味をもってもらいたい。普段、体験できないことで児童の笑顔が見ることができうれしい。今後も食育活動を続けていきたい」と意欲を見せる。


 
[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって