JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
東京に売り込み拠点 交流きっかけ 夢実現 高円寺にアンテナ店/JA山形おきたま飯豊地区青年部 (2014/12/03 ワイド2北東北)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 山形県飯豊町の東京都内の拠点となる「高円寺チャレンジ&コミュニティ・ショップ」が11月29日、杉並区高円寺純情商店街にオープンした。JA山形おきたま飯豊地区青年部との交流がきっかけで、町やおきたま地域の農産物・加工品を中心とした販売の他、12月中旬からは、おにぎりカフェも併設する。

 JA飯豊地区青年部の浅野克幸副委員長は「都内にJA青年部の販売拠点をつくるという夢が実現してうれしい。ショップは、消費者の反応をじかに聞くことができるチャレンジの場。販売だけでなく、都市住民との交流もより深めていきたい」と語った。

 訪れた客は「山形県出身なので、故郷の味を買える店ができてよかった。買いたい品物があるので要望も出していくし、応援もしていきたい」と話した。

 出店のきっかけは、JA飯豊地区青年部が、都内の小学校で2004年から行っている稲作体験出前授業と、農村体験を受け入れる交流事業。参加校の一つである区立第四小学校PTAを通じて、高円寺純情商店街との共同事業が始まった。

 13年に商店街ブランドの開発に着手。「純情ブランド」として米(「はえぬき」5キロ)と、日本酒(「はえぬき」使用純米酒カップ酒)が完成し、商店街内を中心に販売。今年は、商店街の空き店舗を利用した出店で合意した。

 ショップ運営には、区内にキャンパスがある女子美術大学が加わる。特産物のラベルデザインなどで町と面識があり、商店街の看板作製に協力するなどつながりがある。

 営業は、同大学関係者で設立した一般社団法人「デザインとアートを活(い)かした地域づくり」が主体に行う。

   
 
[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって