JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
ニンジン豊作に笑顔 生協組合員が体験/JAたのふじと青年部が協力 重さ競うコンテストも (2015/02/06 県版群馬)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 生活協同組合コープぐんまの組合員家族約70人が1日、藤岡市緑埜でニンジンの収穫を体験した。生協の食育企画の一環で、JAたのふじとJA青年部が協力。青年部会員の中村章弘さんが畑を提供し、種まきから栽培の流れ、収穫の仕方などを指導した。

 ニンジンは8月に8万粒を播種(はしゅ)したもので、今年は夏時期の雨量が多く豊作となった。当日は風の強い日だったが、参加した親子は笑顔で収穫。「引き抜くのが大変だったが、大きいニンジンが取れてうれしかった」と収穫を楽しんだ。

 体験後にはJA平井支店で、参加者と生協職員、JA職員との交流会を実施。野菜に関する紙芝居や青年部の活動紹介、収穫したニンジンの重さコンテストが行われた。1位は658グラムのニンジンで、入賞者には同青年部員が作った野菜や花がプレゼントされた。

 質問コーナーでは参加者が「白っぽいニンジンや赤いニンジンなど色の違いは何か」「ニンジンのよい保存方法を教えてほしい」など熱心に質問した。

 中村さんは「野菜にはいろいろな形状や大きさがあり、形が悪く出荷できないものもある。店に並んでいるものは、選ばれたものであることを分かってもらえるとうれしい」と話した。


 
[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって