JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
サトウキビ、レタス、サヤインゲン… いろいろ野菜児童ら実感/JAおきなわ糸満支店青壮年部作業体験会 (2015/02/11 ワイド2沖縄)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 JAおきなわ糸満支店青壮年部は、糸満市で農業の管理作業体験・見学会を開いた。真壁小学校の3年生16人が参加して、ハーべスターの刈り取り補助体験をはじめ、レタスやサヤインゲンの管理作業を見学した。

 児童らは、サトウキビ圃場(ほじょう)でハーベスターによる刈り取りを見学。初めて見るハーベスターの大きさや、市内のサトウキビ圃場が同校の約259個分あるという説明に、とても驚いていた。

 刈り残しを集める作業を実際に体験。実演した部員の山城孝介さんに「ハーベスターのネットにどれくらい入るの」などと質問し、山城さんは「大体500キロくらい」と丁寧に答えていた。

 レタス圃場では、部員の金城直樹さんが「レタスは繊細なので病気や虫に気を付けることが大事」と呼び掛けた。

 サヤインゲン圃場では、花や実の付き方を観察し、部員の金城薫さんが管理作業を指導した。

 参加した児童から「いろいろな野菜が糸満で育てられているのが分かった」と感謝の声が上がった。


 
[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって