JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
青年組織が新酒披露 酒米オーナー制集大成/福島・JAしらかわと白河市商工会議所 (2015/03/08 エリア東北)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 JAしらかわ青年連盟と、白河市商工会議所青年部が農商工連携事業として進めてきた「小さな種、蒔(ま)いて大きな夢」プロジェクトは1日、1年間の集大成として、完成した新酒のお披露目式を西郷村の湯元甲子温泉「大黒屋」で開いた。

 両組織は、「酒米オーナー制」に取り組んで2年目。今年度も首都圏や地元の参加者らが酒造好適米の田植えや稲刈り、酒の仕込みを体験した。白河市内の大谷忠吉本店と有賀醸造が仕込み、純米吟醸「しらかわ龍・虎」が完成した。

 式典で、JAの薄井惣吉組合長は「皆さんに来てもらっていることは、地域や生産者の励みになっている」と参加者に感謝した。参加者の掛け声で鏡開きをして、新酒の完成を祝い乾杯をした。

 参加者は、体験の活動を振り返るスライドを見ながら日本酒を味わい、生産者との交流を深めた。参加者には「白河の魅力を伝えていきたい」「もっと作業を体験したい」と好評だった。

 今回披露した日本酒は、白河市内の酒販売店やJAのファーマーズマーケットで販売する。


[ 日本農業新聞の購読はこちら ]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって