JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
「とやま牛」PR強化 県肉用牛協会総会 出荷優良会員を表彰 (2015/04/16 ワイド1北陸)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 県肉用牛協会は15日、富山市のJA会館で総会を開き、青年部会を中心に安全・安心な「とやま牛」のPRを積極的に行うなどの新年度事業方針を承認した。出荷成績優良会員2人の表彰をした。

 表彰を受けたのは、和牛の部で5等級比率75%を出荷した宮本春義さん(JA氷見市)と、交雑牛の部で3等級以上比率86%を出荷した谷島正市さん(同)の2人。

 事業方針では流通促進対策として、「とやま肉牛」振興協議会・全農とやま、県と連携を図り、県産肉PRイベントへの参加や学校給食への提供など、消費者との「ふれあい事業」を発展させる。

 肉用牛振興政策の充実強化の要請など肉牛経営安定のための活動をはじめ、枝肉共励会の定期的開催、飼養技術研修会・先進地視察を関係団体と共催し、品質向上を目指す。

 新年度の協会員は、JA氷見市の12人(1団体)を筆頭に10JAで47人、うち親子会員が10人いることも報告された。


[ 日本農業新聞の購読はこちら ]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって