JA全青協   つかみとれ「輝く農業の未来」
トピックス
トピックス
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
地場産米粉使いスリランカ料理/富山・JAいなば青年部荒川支部 2009.4.23
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 【富山・いなば】JAいなば青年部荒川支部は20日、地場産の米粉と卵を使った料理講習会をいなば農業創造センター調理室で開いた。新商品開発の研修の一環。支部員やJA職員ら20人が参加した。生活指導員の高橋昌美さんが講師を務めた。

 今回作ったのは、スリランカ料理のエッグホッパー。クレープのような料理だ。材料は、JAいなば産の「コシヒカリ」を原料とした「メルヘン米の米粉」と、「てんたかく」を飼料米として与えた鶏が産んだ「とれたて小矢部たまご」など。地元の海洋深層水で育てたトマトを使ったチリソースをかける。

 同支部の高橋正人部長は「安全・安心な面でも非常によい料理だと思う。ぜひ作り方を覚えて家でも作ってほしい」と参加者に呼び掛けた。同センターの調理室は、女性部からの要望で完成。今回が第1回の利用となった。JAいなば女性部の荒井龍恵部長は「今後、女性部も一緒に地元の物を使った小矢部ブランド商品を考えていきたい」とした。


[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって