JA全青協   つかみとれ「輝く農業の未来」
トピックス
トピックス
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
雪回廊歩き 特産で応援/長野・JA志賀高原青年部 リンゴやきのこ 販売や振る舞い好評 2009.4.23
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 長野県の志賀高原などを舞台に21日開かれた第5回志賀草津高原ルートの雪の回廊ウオーキングで、JA志賀高原青年部が特産のリンゴときのこを参加者にPRした。コースの要所で振る舞いや販売を展開。イベントの特色に合わせたPRで、参加者に志賀高原産を印象付けた。

 全行程10.7キロのウオーキングは、300人が参加した。参加者が集中するスタート地点では、地元産のリンゴを販売。参加者の関心を集め、用意したリンゴは完売。後から来た人には断る一幕もあった。

 コースの中間点で昼食場所となった渋峠では、りんごジュースをサービスした。ウオーキングの後半に備え、おなかに負担の少ないもので、水分と栄養を補給してもらおうとの趣向だ。「おいしい。もう1杯ほしい」と、数杯お代わりする人もいた。

 ゴール地点の草津白根山では、疲れた体を温かい汁物で癒やしてもらおうと、きのこ汁を振る舞った。会場のレストハウスでは、湯本利樹青年部長らがきのこ汁をテーブルまで運び「地元特産のきのこを味わって」と、ウオーキング参加者にPRした。

 今年は暖冬で、積雪は例年に比べて4メートル少ない7メートルほど。参加者は雪の壁をバックに記念写真を撮るなどして楽しんでいた。
(長野・志賀高原)


[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって