JA全青協   つかみとれ「輝く農業の未来」
トピックス
トピックス
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
米粉パン配り国産PR/福島県で東北・北海道農青協 2009.6.2
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 東北・北海道農協青年組織協議会は1日、福島県のJR郡山駅前で「みんなのよい食プロジェクト」の街頭宣伝活動を行った。米粉パンなどを配り、国内農業と食料自給率向上の重要性に理解を求めた。

 JA道青協は牧清隆会長と吉田義広副会長が参加し、「食と日本の未来を守るために力を貸してください」と訴えた。

 協議会の統一行動の一環。東北・北海道地区の青年部員ら50人が街頭に立ち、帰宅途中のサラリーマンやOLに「日本の農業、食料を守るため協力を」と呼び掛けた。

 米粉パンには福島県産「コシヒカリ」の米粉を使っており、350個を配布。道県の委員長、会長のメッセージが書かれたちらしも配った。

 協議会会長の富塚弘二JA福島県青年連盟委員長は、マイクを片手に「将来に渡り農家が安心して生産できるよう応援をお願いします」と訴えた。

 ちらしを受け取った30代のOLは「日本人が元気になるためには日本の食べ物を食べるのが一番。このような活動を積極的に続けてほしい」と話した。


[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって